お茶 緑茶

ようやく、伊勢茶

投稿日:2013年10月24日

※この記事は過去に書いた『伊勢旅行記』の続きでした。該当記事はすでにありません。

あの山盛り伊勢茶詰め合わせ詰め放題

から随分放置してました。
と言っても、全く手を付けなかったわけじゃないです。
ちゃんと飲んでました。

という訳で、今日は伊勢茶です。

使った茶葉は6g(2杯分)
まあ、いつもの量です。

今回も

3煎淹れます。

1煎目、鮮やかな黄色。
このごろは深蒸しっぽく加工する人が多いらしく、
水色が真緑とかいうのも、結構見受けられます。
伊勢茶は、そこまで加工してないようです。

2煎目、濃い目の黄緑。
この感じは、普通のお茶では、いつもの流れです。
というか、こういうふうに入るお茶が普通のお茶なのかな・・・
(別に真緑色のお茶が悪いわけじゃないですが)
並べてみますと、

2煎目(右側)が若干濃いめなのはお分かりでしょうか?
味も、1煎目は甘めに、2煎目は渋さが際立ってます。
正直、通常飲みには、最適。
2煎目は、和菓子のあてにマッチングしやすい風味です。

さて、通常は3煎目も淹れますので、

右端のが3煎目です。
実は、ここで不思議なことが発生。
3煎目が異常に薄かったのです。

お湯の量間違えたかな・・・
いや、そんなコトはないはずなんだけどな・・・・

3煎目のはずが、4煎目の味・・・

伊勢茶に詳しい方、いらしたら、御一報待ってます。
(1煎、2煎目は、質のいいお茶でしたよ。間違いなく)

-お茶, 緑茶

執筆者:


  1. Lily より:

    SECRET: 0
    PASS:
    先日は読者登録頂き、ありがとうございました。
    私も京都大好きです~色々と教えてくださいませね!
    是非、GRACE LILYのサロンにもお越しになってくださいませ。

関連記事

no image

いつぞや、ケンミンショーでしてた”薄茶糖”ってどう考えても、グリーンティーですよね?

薄茶糖がグリーンティーであれば、 グリーンティーを知らない東京は、 ”全国的”に見ても 変です。 ほんとはここで、『ケンミンショーでの薄茶糖登場シーン』 を貼るべきなんでしょうが、 見つかりませんでし …

ティーポット

和紅茶 の底力を『あげていく』にはどうするべきか

和紅茶 ・国産紅茶の現実を直視する 国産紅茶は、いたるところで見かけるようになりました。 最近では大手メーカーもティーバッグやドリンクなど、多岐にわたって展開を始めています。 これも、平成が始まってか …

no image

いつぞやかのテレビ番組で、兄弟の真ん中だったりA型とかは、限定商品に弱いらしい。

次男坊です。 5人兄弟の次男坊です。 先日、金沢のレピシエで買いました 福梅のフレーバーティー。 福梅、わからない人へ こういう和菓子です。 最中か・・・な 年賀のお祝いに持って行くのの定番。 これを …

no image

いまさら、なんであんなものを淹れたのか考えてしまう。

事の発端は、数日前の嫁様 『今日行ってきたお店で、『塩ミルクティー』飲んできたよ』   _, ._ ( ゚ Д゚) 『塩ミルクティーとは何ぞな?』 (後日、『塩ミルクティー』ではなく、『塩”キャラメル …

no image

定義があいまいなのは、なにも『生食用牛肉』だけじゃない。お茶にもある。

どこかで、誰かが何回もこれを記事にしてると思います。 『抹茶』です。 昨今の抹茶ブームで、 原材料に『抹茶』のつくものが多いです。 では、日本中の抹茶って、 年間どのくらい生産されてるかご存知でしょう …

アーカイブ