お茶

神の領域のティーサーブ

投稿日:2013年10月24日

ツイッターの茶カウント(お茶好きの人のアカウントをそう呼んでます。非公式です)さんに教えていただいた、ぎんぐさんのブログ『ぎんぐの紅茶』より、凄い映像がアップされてました。


日本では一度に大量の紅茶を注文されることもないでしょうが、熱そうな紅茶をあんだけ大量に一気に持っていく技術。
ビールでそのような物は見たことはあれど、温度の高い紅茶でしてる映像は初めて見ました。

イヤハヤ・・・
すげえ・・・

(ちなみに、持っていく直前に入れたのはお湯で、飲みやすい濃さに調節するのによく使います。別に邪道でも違反でも無作法でもなんでもありません。)

-お茶

執筆者:

関連記事

no image

紅茶セミナー

行ってきました。 今日の講師でした、紅茶工房レジーナのオーナー中村さんは、日本最初のティーハウスMUSICAのオーナーさんのお弟子さんだったんですね。 知らなかった・・・ ちょこっと、話したんですが、 …

no image

仏式?英式?和式?タイプ別でみる紅茶の淹れ方第3回

□英式で淹れてみる 『英式』と言っても、普通に淹れるだけなんですがね。手順はこうです。①水を多めに用意しておく(ポット×1.5倍)↓②沸かす↓③気泡がボコボコ言って来たら、少しお湯をポットに入れて温め …

no image

いまさら、なんであんなものを淹れたのか考えてしまう。

事の発端は、数日前の嫁様 『今日行ってきたお店で、『塩ミルクティー』飲んできたよ』   _, ._ ( ゚ Д゚) 『塩ミルクティーとは何ぞな?』 (後日、『塩ミルクティー』ではなく、『塩”キャラメル …

no image

仏式?英式?和式?タイプ別でみる紅茶の淹れ方第1回

□国によって淹れ方に作法があるのか? 『国によって、お茶の淹れ方が違う』ということが、紅茶好きになり色々耳にするたびに言われるようになります。基本、興味のない人にとっては『お茶っ葉をお湯に入れるだけだ …

no image

宇治の本拠地に・・・

てか、本拠地もなにも、宇治ですがな・・・・ ということで、先日の予告どおり、宇治にe-ラーニングのスクーリングに行って来ます。 静岡の時と違って、項目が多くないので、うまくいけば、 18時の更新の時に …

アーカイブ