お茶

加賀の紅茶到着

投稿日:2011年10月8日

先日注文してました、『加賀の紅茶』

到着しました。

中身は、”やぶきた””おくひかり”でおくひかりは、

煎茶としての性能が高いので、一番茶や二番茶はいい値段で取引されてるでしょうが、
三番以降の秋番茶のために紅茶にしたという感じでしょうかね。
やぶきたとおくひかりは、煎茶のブレンドとしてもいい味を出します。

で、そんな組み合わせでしたが、茶葉は

こんな感じ。

べにふうきよりもはるかに小さいです。

中国の紅茶みたいな感じかな?

(ちがうかな、近いうち祁門で確かめてみよう)

 

早速淹れて見ました。

(淹れ方はブログ内で検索してね!)

水色は、淡め。

香り高いとは言いがたいですが、渋みが少ないので、

本当に砂糖が入りません。

かる~く、甘さを感じます。

 

もしかして、2煎目もいけるのかと思い、試して見ましたところ

やらなければよかったと激しく後悔。

orz

 

(向かって左が1煎目、右が2煎目)

加賀紅茶は、緑茶のように行かないようだが、紅茶としては正解かな・・・

1煎目でポテンシャルのすべてを発揮できる紅茶は、良い紅茶です。

 

まだ、売ってるみたいなので、ご興味のある方は、注文してみてはいかがでしょうか?

ちなみに、味の相性が合うのは、やはり和菓子です。

-お茶

執筆者:

関連記事

no image

使うから買った茶器

多分、どこかで見たことがある人も多いのではないでしょうか。中国茶を淹れるときに見かけるあのセットです。 たまたま入ったリサイクルショップで未使用である状態で購入。相場がよくわからないのですが、全部で3 …

no image

みこどんは、珍しく他の人のサイトを紹介してみたりしてみます。

基本的には、日本における紅茶の基礎と究極は、 東京:ティーハウスTAKANO 大阪:ティーハウスムジカ で、体験できます。 (ちなみに、僕の紅茶の淹れ方は両者の著書に書いてあることを ひたすらに繰り返 …

no image

いまだに、中国茶が良くわからない。

お茶の起源は、中国の南西部かビルマ(ミャンマー)のあたりだと言われてます。 それが証拠か知りませんが、ビルマには”ラペトゥ”と呼ばれる、食べるお茶があります。 人間の食の確認は、食→飲の順番ですので、 …

no image

11月1日の記念日って、どのくらい思いつきます?

11月1日は思いがけない記念日がたくさんあります。 (と言うか、毎日は何か記念日がたくさん・・・・) ・灯台記念日 ・点字記念日 ・自衛隊記念日 ・寿司の日 ・犬の日 ・本格焼酎の日 ・泡盛の日 ・計 …

no image

手軽に淹れられるジンジャーティー(生姜紅茶)の作り方

  時々、ちまたで見かける”生姜紅茶”。 何のことだか、さっぱりわからず、しばらく放置してたんですが、 その間、ピグともとかそのほかの人たちに、 「生姜紅茶って飲んでる?」とか言われ、 「そ …

アーカイブ