べにふうき 花粉症

べにふうきの季節到来?秋のアレルギー性鼻炎は大変。

投稿日:2011年9月28日

すごく久しぶりに、べにふうきのネタを書く気がします。
原因は最近のアレルギー性鼻炎の多発。
僕だけじゃなくて、ツイッター見てても他の人のブログ見てても結構あるらしく、
『マスクしなきゃ~!薬飲まなきゃ~!』
ってのを散見します。
で、ストックのべにふうきを出さないといけないのかなって思う今日この頃。
ここ数ヶ月の間からこのブログをご覧になられた方は、知らない方が多いかもしれませんが、うちでは、日本国産紅茶品種『べにふうき』という茶木を推奨してます。
紅茶としてもいいのですが(この親株の『べにほまれ』がヨーロッパで高い評価を得たことはニュースにもなりました)、アレルギーの季節前1ヶ月から終了までは、緑茶でのむと鼻炎に効果があると科学的にも実証されてます。
なので、うちのブログ(将来的にはサイトも)では、べにふうきだけで項目を作っております。
僕が推奨する、飲むタイミングは
前年12~3月:緑茶
   4~11月:紅茶

としてます。
これは、秋冬番茶のべにふうきが一番アレルギーに効く要素が含まれているからです。
初摘の一番茶は、まあ、趣味のため(紅茶としても緑茶としてもイマイチなシーズンなので)、2番茶から秋番茶(セカンドフラッシュ~オータムナル)は紅茶で、最後の秋冬番茶は緑茶でと一年を通していただければ、体にも心にも美味しく楽しむことができます。
ただ、期せずして、アレルギーの症状が出てしまったので、『過去記事を漁ってください』と書くと、読む人も面倒だと思いますので、手元にあるべにふうき緑茶を使いまして、また記事を書きます。
アレルギーに効くメカニズムも再度アップしますので、お楽しみにお待ちください。
しかし・・・
鼻がしんどい・・・・

-べにふうき, 花粉症

執筆者:

関連記事

no image

国産紅茶復興ののろしは、ここから上がった・・・

前にも記事にしてたことがあります。 かつて、明治以降、日本では外国に人間を派遣して紅茶の生産能力・品質水準を上げていったこと。 そして、昭和46年に紅茶が自由化されて、ほぼ完全にその能力を失ってしまっ …

no image

実は、直接他人に教えに行くのは初めてです。

嫁様との会話で、 『お母さんが、花粉症ひどいから、 例のお茶教えに行ってきたら?』 という提案(命令)によって、 お義母さんにべにふうきの淹れ方を直接教えに行くことになりました。 11月から、あれだけ …

no image

ふと、思い出した。

先日、ブログでNHKの番組で紅茶を取り上げると書いたと思います。 ※極める!:Eテレ6月6日・13日・20日・27日午後10時25分~10時50分 それを紅茶研究のトップランナー磯淵さんのブログで紹介 …

no image

『花粉が去年の5~10倍の飛散量』だとわかってながら、真っ向から受けてたつ俺って何?

『2011年の花粉飛散量、10年の5~10倍!』 (@関西) というニュースをごらんになられたことはあると思います。 「え??去年の5倍~10倍??」 ただ、2010年は非常に少なく平年以下で、 実際 …

no image

『べにふうき ダイエット』で検索する人が多いが、大切なことを忘れてないか?

『飽食の生活』を続けてたら、そりゃ、太るぞ。 と言うことで、よく『べにふうき ダイエット』と検索してる人が多いみたいです。 べにふうきが、アレルギーに効く仕組みは、去年10月のセミナーで聞き、 そのあ …

アーカイブ