べにふうき 花粉症

べにふうきの季節到来?秋のアレルギー性鼻炎は大変。

投稿日:2011年9月28日

すごく久しぶりに、べにふうきのネタを書く気がします。
原因は最近のアレルギー性鼻炎の多発。
僕だけじゃなくて、ツイッター見てても他の人のブログ見てても結構あるらしく、
『マスクしなきゃ~!薬飲まなきゃ~!』
ってのを散見します。
で、ストックのべにふうきを出さないといけないのかなって思う今日この頃。
ここ数ヶ月の間からこのブログをご覧になられた方は、知らない方が多いかもしれませんが、うちでは、日本国産紅茶品種『べにふうき』という茶木を推奨してます。
紅茶としてもいいのですが(この親株の『べにほまれ』がヨーロッパで高い評価を得たことはニュースにもなりました)、アレルギーの季節前1ヶ月から終了までは、緑茶でのむと鼻炎に効果があると科学的にも実証されてます。
なので、うちのブログ(将来的にはサイトも)では、べにふうきだけで項目を作っております。
僕が推奨する、飲むタイミングは
前年12~3月:緑茶
   4~11月:紅茶

としてます。
これは、秋冬番茶のべにふうきが一番アレルギーに効く要素が含まれているからです。
初摘の一番茶は、まあ、趣味のため(紅茶としても緑茶としてもイマイチなシーズンなので)、2番茶から秋番茶(セカンドフラッシュ~オータムナル)は紅茶で、最後の秋冬番茶は緑茶でと一年を通していただければ、体にも心にも美味しく楽しむことができます。
ただ、期せずして、アレルギーの症状が出てしまったので、『過去記事を漁ってください』と書くと、読む人も面倒だと思いますので、手元にあるべにふうき緑茶を使いまして、また記事を書きます。
アレルギーに効くメカニズムも再度アップしますので、お楽しみにお待ちください。
しかし・・・
鼻がしんどい・・・・

-べにふうき, 花粉症

執筆者:

関連記事

no image

存在意義を考える

ご存知の方が多いと思いますが、 僕は『べにふうきの拡散人』です。 (※自営業:国産紅茶情報屋) 特に研究家というわけでも、農家というわけでもないです。 立場上、『売る人』ということです。 (全く、商売 …

no image

べにふうきの現状

と、いままで、散々べにふうきのことを書いて参りましたが、 ※べにふうき擬人化イメージ絵 『じゃ、日本国内で、どういう状況やねん』 という、話になると思います。 日本国内、茶園は3万1300ha、生産量 …

no image

『べに』からい出た『ほまれ』 そしてその子どもたちも『紅茶のほまれ』

話題のべにほまれ。ただしべにほまれの子供たちも優れた紅茶だと知ってますか テレビ番組で三重県のべにほまれの紹介がされて、一躍検索数が増えた『べにほまれ』 三重県だけ取り上げられていたようですが、べにほ …

no image

ファーストフラッシュが出る前に再検証:紅茶を淹れる2つの方法

南山城紅茶チームのツイッターやフェイスブックに、今年の南山城紅茶のファーストフラッシュ(一番茶)の準備の光景がアップされてました。 出まわるのも時間の問題なので、今回は去年までの物をどういう方法で淹れ …

no image

紅茶の、国産と”外”国産

予告してたと言えば、予告してまいた。 予告では、『どう考えても、べにふうきが一番になってしまう』ようなこと書きましたが 淹れて、飲んで、確認したら、意外と冷静になれました。 (味覚の理性的判断は、感情 …

アーカイブ