お茶

なんとか、ポイントが掴めてきた。

投稿日:2011年9月15日

茶葉を変えて、チャレンジしてます。

例の『凍頂烏龍茶のおいしい冷茶』の再現です。

とりあえず、安い烏龍茶で実験してみて落ち着いたのが、

お茶を急須で淹れて、ポットに氷を入れる①と、

入り口に網と細かい氷を置く②

ダブルクーリングだということ。

すこし、濃い目に淹れないといけないけど、

いい感じに、味と香りが出てます。

ただ、一番美味しいのが、2煎目。

凍頂烏龍茶の1煎目を捨てるか・・・

香りは1煎目が一番いいからな、

なんとか、味も1煎目に持って行きたい。

そうすると、2回淹れてそれを冷やすのがよくなるけど、

冷やしきれない。

そこが難点だな・・・

もうちょい、チャレンジしてみます。

なんか、来週から涼しくなるようなことを天気予報が言ってますが、

完全に無視です。

-お茶

執筆者:

関連記事

no image

ペットボトルと家で入れてきたお茶の違いを見るための3つのポイント

□ペットボトルと家で入れるお茶 もう六月が迫り、暑い季節がやってきました。如何お過ごしでしょうか。この季節になりますと、冷たい飲み物をよく飲むと思われます。ただ、気になるたびに、自動販売機を押すのも少 …

no image

ここ数日間でチャレンジしてみたもの。

ツイッターでも花ざかりの『水出し物』をちょいとしてみました。 メニューは以下のとおり <してみたもの> ・烏龍茶(安物) ・プーアル茶(安物) ・紅茶(アッサムCTC) ・煎茶 <これからする予定のも …

no image

作っても飲むのは一人

去年じゃなくて、今年マルイがオープンしたときに期間限定で出店してた カレルチャペック紅茶のお店で買ったダージリンが今日なくなりました。 ホットで飲めません。 (暑いから) 結局は アイスにしました。 …

no image

便乗記事の目的の8割は拡散です。

さすがに、ゴホンとはいいません。 もういいです。忘れてください。 またも、便乗記事。 ココのところ、うちの便乗記事の常連様、 紅茶サイト Tea for Life別館の管理人やなさんのブログ。 『どう …

no image

いまだに、中国茶が良くわからない。

中国茶の起源について お茶の起源は、中国の南西部かビルマ(ミャンマー)のあたりだと言われてます。 それが証拠か知りませんが、ビルマには”ラペトゥ”と呼ばれる、食べるお茶があります。 人間の食の確認は、 …

アーカイブ