お茶 緑茶 緑茶の淹れ方

思いの外、まだ暑かった・・・

投稿日:2011年8月26日

涼しくなるかな・・・
と、高を括ってたら、思いの外暑いという事実。
台風が来てるんで、もしかしたら今日からまた涼しくなるのかなと
淡い期待を持ってます。
(8月中盤、台風一過のあと、数日涼しかったですし)
暑い夏には冷たいお茶という、
日本人が『異常な情熱で進化をさせた』中国人が眉をひそめる部門を
もういっちょ、紹介しようと思います。
ただ、前回のアイスティーの記事と同様、写真は近いうちにアップします。
(もしかしたらしないかも・・・)
アイスの煎茶で、見事に作れる茶葉といえば、ちょこちょこ紹介してます

蒲南茶荘の若旦那のとこですが、
うちでは、家にある煎茶で作れる方法を書こうかと思います。
使った茶葉は、ハウステンボスに行ったときに買ってきた
八女茶の新茶(100g1000円だったかな)
これを2煎に分けて淹れます。
まあ、ふつうのお茶の煎れ方です。
ただ、ちょっと違います。
まず、1煎目は60℃くらいを狙って淹れます。
暑いので、茶碗を入れ替えたぐらいじゃなかなか冷めませんので、
氷を放り込みました。
重要なのは温度なので、細かいことは言いません。
やかん→急須1→湯冷まし→氷IN
計算では、湯冷ましに入れた時が90度ぐらい、氷を4つ入れて60℃前後です。
お湯は400ccで、基本、急須に合わせてます。
(一人前180ccで計算しますから2人前)
淹れる急須には、6g(茶さじ2杯)茶葉を入れまして、
1分間。
そのあと、別の急須に入れ替えて、茶葉から分離します。
まず、これが1煎目。
秋冬番茶でやってみたら、1煎目からアイスでもいけるんですが、
新茶の場合は、アミノ酸が多いので、アイスにすると、ベチャッとして気持ち悪いです。
ので、1煎目はホットのまま。
(新茶なので、甘くておいしいです)
次は2煎目。
これはアイスになります。
1煎目を温度管理したのは、アミノ酸を分離するため。
ここで、ちょこちょこ煎茶の話をしてますので、
長々と読んでくださってる方なら、ご存じですよね。
(なので、日本茶インストラクターがするような話は今回は割愛)
2煎目は、ふつうなら、70℃~80℃で淹れるんですが、
ここは一気に100℃
100℃で急須いっぱいまで注いで1分淹れます。
経ちましたら、別のポットに400cc~500cc分氷を入れて
その中に注ぎます。
全部注いだら、蓋をして一気にシェイク。
温度は躊躇することなく、一気に落とします。
結果、約1リットルのアイス煎茶ができます。
2煎目から100℃にしたのは、茶葉の中の水溶性の養分をすべて出しきって、氷で薄めても大丈夫にする為です。
もし、普通にそのまま飲もうものなら、罰ゲーム並の渋さです。
チャンスがあれば、写真をとってアップしますが、
しないかもしれませんので、ご興味のある方は、これを参考に作ってみてください。
(文字だけでしんどいって)
まだまだ、暑い日が続く(かもしれない)と思いますが、体にお気をつけてお過ごしください。

-お茶, 緑茶, 緑茶の淹れ方

執筆者:

関連記事

no image

ルピシア・グランマルシェ2010@大阪

と、言うわけで、 月末紅茶イベント第一弾。 ルピシア・グランマルシェ2010に行ってきました。 (初めてサイトでみたとき、”グランマルニエ”と見えてしまった・・・orz) 祭典というか、ルピシアの即売 …

no image

今年初の南山城紅茶販売開始しました

もう・・・足掛け・・・ 何ヶ月だ?(まあ、いいや) 毎度ご贔屓にさせていただいてもらってます、京都唯一の村、南山城村の『南山城紅茶プロジェクト』から、今年の一番茶(ファーストフラッシュ:FF)が発売さ …

no image

あずみかと思ったら、小山ゆうだった

このブログの右に表示してます『京都紅茶道部諜報室』の中身を見てたら、 いま、静岡県菊川市で『菊川茶娘』ってミスコンしてるんですね。 詳細はどんなんだろう・・・ と思い、菊川市のブログを見たら、見覚えの …

no image

夏に活躍した茶葉の今・・・

正直、今日の今日まで、 棚の飾りになってました。 なぜって・・・ インフルエンザが流行ってるので、カテキンやテアフラビンを 効率的に摂る方に注力してましたから。 (煎茶とストレートティーばかりなり、あ …

no image

新茶のシーズン、2013年今年の傾向

5月もGWが終わりまして、先月末あたりから静岡を始め色んなお茶の産地から新茶のお知らせが届いている時期かと思います。個人的には緑茶のサンプルよりも紅茶が欲しいのですが、まあそこは茶園さんが機械的に過去 …

アーカイブ