お茶

おめでたいお茶をもらってきたらしい。

投稿日:2011年7月30日

嫁が、友達の家に行って、
『引き出物で持ったやつらしいが、
向こうじゃ飲まないらしいからもらってきた』

と言って、もらってきた。
京都紅茶道部
ルピシアの『寿』(ブライダルセットの片割れ)
紅茶の『ウェディング』は飲むらしいが、
こっちはいらないとのこと。
早速開けてみたら
京都紅茶道部
中身は、『フレーバードの烏龍茶』(台湾製)
実際に開けてみると
京都紅茶道部
すごく甘い匂い・・・
(香りと言うには強すぎる)
『さすが、ルピシアやな・・・・』
って感じです。
烏龍茶なので、
京都紅茶道部
蓋碗で淹れてみました。
ただ、この段階で部屋中に、
甘~~~~~~~~い匂いが・・・・・
(蓋開けるのが怖いww)
京都紅茶道部
実際に入れ替えてみると、香りのイメージとは裏腹に、
爽やかな色合い。
上品な烏龍茶だ・・・・
味は、さっぱりとして、『砂糖を入れたくなる』烏龍茶でした。
(一応、嫁専用のお茶です。個人的にはフレーバードはすきじゃない)

-お茶

執筆者:

関連記事

no image

加賀の紅茶到着

先日注文してました、『加賀の紅茶』が 到着しました。 中身は、”やぶきた”と”おくひかり”でおくひかりは、 煎茶としての性能が高いので、一番茶や二番茶はいい値段で取引されてるでしょうが、 三番以降の秋 …

no image

金沢のレピシエ(ルピシア)にて

紅茶と煎茶の限定フレーバー。 勿論、 買いました。紅茶のほう。 関連

no image

ネタ紅茶~それはすでに踏み固められた道だった~

ツイッターに触発されて、『普段ではありえないと思われる組み合わせ』をしてみました。 ことの発端としては・・・ 『若者の醤油離れ!?』 ↓ 『今こそ醤油紅茶でオサレな若者をゲト!』 ↓ 『◯◯ドレッシン …

no image

『現代に繋がる』お茶のふるさと①

ちょっと、ここで歴史の勉強。 今日紹介します、『高山寺』は、日本で一番古いと言われている茶園があります。 そのいわれは、日本に『抹茶法』によるお茶を持ち帰ってきた禅宗の栄西禅師が、その実を明恵上人に伝 …

no image

『湯煎で紅茶を淹れる』をまじめに考えてみた。

□そもそも、陶器だったのが間違い 陶器は『冷めにくいので陶器のポットで紅茶を淹れましょう』というくらい、保温性がある。陶器は中に空気を含んでいるので、なおさらのことだろう。少なくとも、100度のお湯と …

アーカイブ