お茶 ジャンナッツ

猫のお試しはいかがですか?

投稿日:2011年7月28日

とは言っても、生きた猫を『ほいっ』って渡すわけではありません。
ここの猫JANATさん
のことです。
(もし、他の会社でも猫が使ってるのがわかったら、J猫と呼びます)
メールで、届いたのが、
『サンプルセットのおしらせ』
中身は
・モナモール  →木苺・ピーチ・バニラの甘いブレンド
・ラビオンローズ→煎茶ベースにイチゴの香りをつけた新しいブレンド
・マイテ     →世界三大紅茶のひとつキームン
3点セットで、525円。
お店に行っても、『どうしようかな』と思う人におすすめします。
(試しということで)
気に入ったら、本格的に買えばいいじゃない?
ということで。
販売サイトはこちらまで。
で、JANATさん。
今年はいつになったら、
店頭でエベレストチャイを販売してくれるんでしょうか?

-お茶, ジャンナッツ

執筆者:

関連記事

名古屋の中国茶専門店20140801-2

日本における中国茶と言う立ち位置

中国茶の専門家による中国茶現代史 お茶仲間の中国茶の専門家「あるきち」さんが、自身の中国茶ブログが10年を迎えたという事で、今一度「中国茶と日本とのかかわり」をまとめておられております。 日本での中国 …

no image

僕がルピシア嫌いではないという5つの理由

□初めに釈明 一昨日はルピシアをディスっているとしか思えない記事(※なんとなく消しました)を書きまして、 主にTwitterから、叱責のお言葉(1件)と励ましのお言葉(1件)をいただきました。 どうも …

no image

『湯煎で紅茶を淹れる』をまじめに考えてみた。

□そもそも、陶器だったのが間違い 陶器は『冷めにくいので陶器のポットで紅茶を淹れましょう』というくらい、保温性がある。陶器は中に空気を含んでいるので、なおさらのことだろう。少なくとも、100度のお湯と …

no image

ティーポットは陶器製、金属製はたくさんあるんですが・・・

テレビのニュースで、「森の営業マン」というのが紹介されてました。 岡山県のある過疎の山村にある企業で、その山村で取れる木材を紹介・加工していく事業で、 加工の仕事が増えているため、その山村には、Uター …

no image

大阪で!

毎年恒例(らしい)のですが、 日本紅茶協会主催の 『ティーアドバイザー養成研修』 があるそうです。 日時は、9月6日・13日・20日の10:00~16:00(各々火曜日) 認定試験は27日です。 これ …

アーカイブ