お茶 紅茶 紅茶の淹れ方

ガラスのポットが無くなってから

投稿日:2011年7月26日

大いに割れてしまったガラスのポット。

正直、危なくて使えないので、完全に割って捨てました。
なので、ジョッキに氷をたくさん入れて
一気にアイスティーを作ってしまう作戦に出ました。
作り方は、前に書いたとおり。
・通常の半分の水を沸かす

・茶葉は普通通り、魔法瓶で抽出

氷いっぱいのジョッキに注ぐ

出来上がり。
このプロセスの間に
・ミルクとオリゴ糖を入れて混ぜる
を追加して、作ってます。
出来上がりが
京都紅茶道部
温度と比重の問題で、お茶を注いだ直後は
こういうふうに分かれるんですね。
お店によっては、これが面白いので、
このままアイスティーとかアイスコーヒーとか言って持ってきます。
もちろん、そこにミルクとシュガー(もしくはガムシロ)が
沈殿してるので思い切りかき混ぜますが。
(なんのための見た目なんだが)
今年の夏のミルクティーはジョッキ生です!

-お茶, 紅茶, 紅茶の淹れ方

執筆者:

関連記事

no image

お茶買った

ぐり茶買った。安かった。

no image

ある紅茶専門店にまつわる創業伝説と偉人創業者①

今も残る企業には、その伝説と偉人とも言える創業者の存在があります。 例えば、自動車のフォードは、創業者ヘンリー・フォードが自動車の大量生産を行い一般化を果たしたという伝説があり、GEには、発明王トーマ …

no image

『伊右衛門』と『伊右衛門』

多分、今回は誰でも知ってるはずです。 二つの伊右衛門。 でも、『煎茶と玄米茶』とか『コールドとホット』とか、チープな比較はしません。 『葉っぱ』と『ペットボトル』です。 ペットボトルの中身がどれだけ、 …

no image

加賀の紅茶到着

先日注文してました、『加賀の紅茶』が 到着しました。 中身は、”やぶきた”と”おくひかり”でおくひかりは、 煎茶としての性能が高いので、一番茶や二番茶はいい値段で取引されてるでしょうが、 三番以降の秋 …

名古屋の中国茶専門店20140801-2

日本における中国茶と言う立ち位置

中国茶の専門家による中国茶現代史 お茶仲間の中国茶の専門家「あるきち」さんが、自身の中国茶ブログが10年を迎えたという事で、今一度「中国茶と日本とのかかわり」をまとめておられております。 日本での中国 …

アーカイブ