お茶 半発酵茶

お茶が旨いというだけでアップしたくなるお茶

投稿日:2011年6月25日

今、絶賛?公開中の2011年吉田山大茶会の記事の途中ですが、
ここで買ったお茶をご紹介
京都紅茶道部
明前獅峰龍井献上茶というのなんですが、
京都紅茶道部
当日飲んだ時、そこまで味も香りもしてませんでした。
茶藝館かぎろひの店主の方は
『水が違うからか、思ったとおりの香りにならない』
とおっしゃってました。

その時は、『こういう位のライトなお茶なのかな・・・』と思ってたんですが、
今日淹れたら、驚き。
30cm以上、顔を離してるのに、
お茶の浮かび上がるような香りと甘い香りが・・・
飲んでみたら、花のような香りが、口いっぱいに広がって、
鼻から『浮かび上がっていく・・・』
こんなにも良いお茶だったなんて・・・
って感じです。
当日はそこまで香りも味もしなかったんで、
『なんでだろうな・・・』って思い込んでしまいます。
いい買い物したわ・・・・
(もう、二度と手に入んねえだろうけど・・・)

-お茶, 半発酵茶

執筆者:


関連記事

no image

美味しいお茶とは、付け加えるわけでもなく、引き出すもの

数ヶ月、いくつかの『桜の香りのお茶』の記事を書いてきました。 例えば、”桜餅の香り”とか、”桜そのものの紅茶”とか。 でも、全部『着香茶』といわれる、『あとで、何かしらの方法で香りをつけたもの』です。 …

no image

ティーバッグで美味しい紅茶を淹れる方法。【経年訂正版】

◆過去記事『ティーバッグの淹れ方』の修正 過去に書いた記事で ティーバッグの淹れ方。3通りのその1(電子レンジ編) ティーバッグの淹れ方。3通りのその2(鍋編) ティーバッグの淹れ方。3通りのその3: …

no image

『現代に繋がる』お茶のふるさと①

ちょっと、ここで歴史の勉強。 今日紹介します、『高山寺』は、日本で一番古いと言われている茶園があります。 そのいわれは、日本に『抹茶法』によるお茶を持ち帰ってきた禅宗の栄西禅師が、その実を明恵上人に伝 …

no image

平安京に戻ってきたということで

茶ブログの登録を再開してます。多分、いま、300を超えています。 関連

no image

若旦那の早業

基本、『水出しのお茶』は好きではありません。 本来60度近辺で出るお茶の香り・味・風味などが、 ほぼ出てない温度帯だからです。 ただ、放送が見事だったんで、動画を貼らせていただきます。 お店は、ブログ …

アーカイブ