お茶

珍しく、器を褒めてみる。

投稿日:2011年6月20日

と言っても、『銘のある茶器』とかじゃないです。
そんなものを褒めても、全くの無意味なので。
僕が注目してるのは、常に機能と性能。

どんな名器でも、用を足さなければ、ただのガラクタです。
で、通常は写真付きで話をするべきなんですが、それはあとでします。

先日行ってきた吉田山大茶会は、
奇しくも『中国茶大会』というような感じでした。

印象に残ってるのはすべて中国茶。
静岡の時の印象の薄さは嘘のようでした。
正直、今まで中国茶は家の急須でいれて成功した試しがありません。

・味が常に苦いか常に無い。
・香りがぐちゃぐちゃになってて苦痛だった。
・そもそも、時間がわからない。
とかとか・・・

で、今回、意を決して買いました。

蓋碗です。

北京「渓民」の手絵付け蓋碗【手毬柄】 02P13Jun11
¥6,300
楽天
蝙蝠蓋碗(コウモリガイワン)
¥3,600
楽天
【送料無料対象外】49P100 日和膳(ひよりぜん)蓋碗
¥1,550
楽天
ガラス蓋碗<入荷しました>
¥1,155
楽天

フタ付きのおわんで、淹れたら蓋をスライドさせて、お茶をそそぎます。
で、これを使ったら、不思議と味が安定。
量もだいたい把握できるようになり、味を調整できるようになりました。
もちろん、香りもちゃんとだせてます。
こんなことなら、さっさと買えばよかったな・・・

これで一応、『日本茶』・『紅茶』・『中国茶』を淹れれるようになりました。

淹れ方がわかったことで、
『通常の生活で普通に買える茶葉をおいしく淹れる』
という
、僕自身のスタンスのスタート地点に立てたのかもしれません。
『お茶が美味しくないのは茶葉が良くないからだ』と言われますが、

ほとんどの人が毎日100g1000円以上の茶葉でお茶を飲めるわけがありません。
難しいと言われる技術もある程度形をつくってしまえば誰でもできます。

『読み・書き・そろばん』と同じです。
教育が普及してない時代は、文字を読めないのが当たり前でも
義務教育がほぼ100%になった今の時代では、普通にできます。
どんなお茶でも普通に美味しく淹れられるような人が
増えればいいなと思います。

-お茶

執筆者:

関連記事

no image

ざ・サイダー

去年10月末にネタにしました、 しぞーか(静岡)の『お茶コーラ』 まあ、『コーラとは思えないお茶の味』という感じで 紹介しましたが、 うちの故郷、石川県も人のことは言えないようです。 今回、出てました …

no image

ツイッターのネタふりより

紅茶茶漬けではありません! (海草紅茶でもありません) バウム(バームクーヘン)の話が出てましたので、 それを。 あれ?紅茶じゃないぞ・・・・ まあ、添えということで。 ネタ的には、『トーストバウムを …

no image

猫のお店

と言っても、本当に『猫の店』ではありません。 『紅茶の猫』ということで、フランスの紅茶メーカーJANATの日本のお店です。 でも、リアルショップではありません。 WEBショップです。 正直、知りません …

no image

あ、そうだった・・・

今日から4週ですね。 本日午後10時25分~10時50分 NHK教育テレビ「極める」 ※紅茶の話です。 お暇な方は、お忘れなくノシ 関連

no image

ええ!猫ですよ!そりゃ、猫ですよ!! ※紅茶の話です

なぜか大体、ブログの資料を作ってるので、夜遅くなる傾向の僕です。 昨日(10/15)、嫁様が仕事に行きがけに起こしに来て、 「どうせ、今日は、紅茶買いに行くんでしょ」 と・・・ ええ!! 行きますとも …

アーカイブ