お茶

珍しく、器を褒めてみる。

投稿日:2011年6月20日

と言っても、『銘のある茶器』とかじゃないです。
そんなものを褒めても、全くの無意味なので。
僕が注目してるのは、常に機能と性能。

どんな名器でも、用を足さなければ、ただのガラクタです。
で、通常は写真付きで話をするべきなんですが、それはあとでします。

先日行ってきた吉田山大茶会は、
奇しくも『中国茶大会』というような感じでした。

印象に残ってるのはすべて中国茶。
静岡の時の印象の薄さは嘘のようでした。
正直、今まで中国茶は家の急須でいれて成功した試しがありません。

・味が常に苦いか常に無い。
・香りがぐちゃぐちゃになってて苦痛だった。
・そもそも、時間がわからない。
とかとか・・・

で、今回、意を決して買いました。

蓋碗です。

北京「渓民」の手絵付け蓋碗【手毬柄】 02P13Jun11
¥6,300
楽天
蝙蝠蓋碗(コウモリガイワン)
¥3,600
楽天
【送料無料対象外】49P100 日和膳(ひよりぜん)蓋碗
¥1,550
楽天
ガラス蓋碗<入荷しました>
¥1,155
楽天

フタ付きのおわんで、淹れたら蓋をスライドさせて、お茶をそそぎます。
で、これを使ったら、不思議と味が安定。
量もだいたい把握できるようになり、味を調整できるようになりました。
もちろん、香りもちゃんとだせてます。
こんなことなら、さっさと買えばよかったな・・・

これで一応、『日本茶』・『紅茶』・『中国茶』を淹れれるようになりました。

淹れ方がわかったことで、
『通常の生活で普通に買える茶葉をおいしく淹れる』
という
、僕自身のスタンスのスタート地点に立てたのかもしれません。
『お茶が美味しくないのは茶葉が良くないからだ』と言われますが、

ほとんどの人が毎日100g1000円以上の茶葉でお茶を飲めるわけがありません。
難しいと言われる技術もある程度形をつくってしまえば誰でもできます。

『読み・書き・そろばん』と同じです。
教育が普及してない時代は、文字を読めないのが当たり前でも
義務教育がほぼ100%になった今の時代では、普通にできます。
どんなお茶でも普通に美味しく淹れられるような人が
増えればいいなと思います。

-お茶

執筆者:

関連記事

no image

ある紅茶専門店にまつわる創業伝説と偉人創業者②

ルピシア(旧社名レピシエ)は、サイトではこう書いてあります。 平成6年8月株式会社レピシエ設立 /千駄ヶ谷店オープン/同時期より通信販売、FC展開を開始 平成8年7月本店を東京都渋谷区千駄ヶ谷1-28 …

no image

お茶道楽の、『道楽らしい』ぼやき

ブログをごらんのみなさま、 いつも、このブログの右側の「メッセージ欄」をご覧になっていらっしゃいますでしょうか? そこには、 「アッサムが80gで400円!」 とか書いてあります。 僕は、基本、ミルク …

no image

いまさら、なんであんなものを淹れたのか考えてしまう。

事の発端は、数日前の嫁様 『今日行ってきたお店で、『塩ミルクティー』飲んできたよ』   _, ._ ( ゚ Д゚) 『塩ミルクティーとは何ぞな?』 (後日、『塩ミルクティー』ではなく、『塩”キャラメル …

no image

誰もやったことない紅茶の淹れ方

□事の初めはツイッター お昼の話で、用事で外に出ながらツイッターをしていたら、フォロワーさんが紅茶の温度のツイートをしていたので、いつもどおり絡んでました。 (そういうのが大丈夫なキャラなので) その …

no image

探し物をしてたら、別のものが見つかった。

本当は、小さいドライバー探してたんですけどね。 引き出し探したら、こういう缶みつかりました。 緑寿庵清水の金平糖 いつぞやか、京大あたりに行ってた時に、ふらっと立ち寄って、買ってきた 金平糖の有名店で …

アーカイブ