お茶 ルピシア ルピシアイベント

うなるほど飲んできて、すべて基本タダ。

投稿日:2011年6月14日

京都開催の『ルピシアダージリンフェス』行ってきました。
が、
ダージリンのことは書きません。
多分、『ドノオチャガ~』とか『ドノサンチガ~』とか『ドノチャエンガ~』とか
他の人たちが書いてくれてると思いますんで、
ここではわざわざ書きません。
ただ、注目の出し物・・・・
現地で
京都紅茶道部
チャイの実演をしてました。
始まる手前から、黒山の人だかり。
10分ぐらいで70%が宣伝でしたが、
『鍋で淹れるお茶』を分かりやすく説明してました。
もちろん、このあと、出来たチャイも試飲できます。
この後は、
京都紅茶道部
台湾の『文山包種 早春茶』ってのを音楽と茶芸つきで
(これもタダです)
同行してた嫁様のお母さん(僕からはお義母さん)が、
大喜びで、同じ茶葉をその場で買って帰りました。
まあ、
京都紅茶道部
淹れる手順を
京都紅茶道部
確認できたのは、良かったです。
京都紅茶道部
こんな感じ。
香りが花の香りみたいで、良かった。
1→2→3と淹れる回数が増えると香りが淡くなっていきますが、
それに反して、味がしっかりしてきます。
功夫茶器がほしいなと思っても、ココではセットで5000円。
蓋付きの椀で『椀淹れ』をしようにも、それも一つ1500円。
ははは・・・
『小遣いない主夫』にはしんどいですわww
帰ってから、嫁様に『お母さんと楽しかった?で、なに買ったの?』
と聞かれましたが、こういうイベントでは基本的に何も買わない人なので、
ノーマネーでフィニッシュです

-お茶, ルピシア, ルピシアイベント

執筆者:


  1. SECRET: 0
    PASS:
    フェス名から
    かんでしまうほど
    敷居が高そうだ
    でも
    一度いってみたいな

comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

火をかけっぱなしにしなくても、紅茶の煮出し法と同じくらいのクオリティーをだすには。

いつも書いてますが。 『紅茶は100℃で淹れます』 ですが、このことを必死に守ろうとすれば、ずっと火にかけないといけません。 ですが、普通にポットに入れると、それで温度が下がってしまいます。 なので、 …

no image

なぜ新年早々、嫁から文句を言われないといけないのかわからない。

新年明けました。 おめでとうございます。 本年も引き続き、御愛顧賜りますよう、 よろしくお願いいたします。 さて、 旧年の予告どおり、 今年最初のお茶は、 玉露です。 見せ逃げはしません。(それは、昨 …

no image

今年は保冷ポットを持って観光に行こう。

ちょっと前のブログなんですが、 藤沢市の『茶未来』さんのブログで 『水出し冷茶の給茶しちゃいます!』という記事を拝見。 『へ~、そんなこともするんだ』 と感心してたら、ふと、 『京都ではどうなんだろ』 …

no image

『お茶を飲む』という行為に資格が必要なのか?

基本的には、僕は『お茶の資格』なるものは取る予定はありません。 (『お茶の先生』というわけの分からないものになるつもりはないので) ただ、団体があるとその分だけ 『認定資格』なるものがあるのが、 この …

no image

しぞーか・・・、なんじゃこりゃ!!

さすが、しぞーか(静岡)。 さっき、夕飯(うどん)食いに行った帰り、コンビニに寄ってましたらね、 お茶コーラ って・・・ 飲んでみましたら・・・ 「お茶やん・・・」(炭酸入り) 自分で淹れたティーソー …

アーカイブ