お茶

特定の人にネタを振る!

投稿日:2011年5月30日

すし屋行ってきたんですね、すし屋!
モチロン、回ってます!
寿司のことだったら、わざわざ書きません。
なにせ・・・
京都で座って食う寿司が、
金沢では回ってますから!

(正確には、目の前で何かが回ってますが、
食うのはその場で注文します)
で、行ったのは某日本最大の回転すしチェーン。
正直、2位に落ちたとこと3位のとこは、好んで食いません。
(寿司とは思えないから)
そこでありました。
抹茶のデザート。
抹茶フロート
名前を聞くだけなら、おいしそうに聞こえる。
そう、期待してたんです。
(こういう書き方してる時点で、ご察しください)
絵はこれです!
京都紅茶道部
そう、見た目(だけ)よさそうなんですが、
これに使われてる『抹茶』はどうやら、左の『粉末茶』と同じようです。
粉末茶から『粉』を抜くと『末茶』・・・
冗談とはいえない展開に、これは頼まずに、
寿司とうどんを食おうと決めた一日でした。

-お茶

執筆者:


  1. おやぢマン より:

    SECRET: 0
    PASS:
    北部の日本海側の海産物の良さは異常ですね。
    私も旅行で行ったときそう思いました。
    マグロとかは置いといて、他の魚の脂の乗り方が
    すごいと思いました。

関連記事

no image

価格という境目

御存知の通り、今、『和紅茶の試飲会』の参加者を募集しております。今回は、初めてということもあり、茶葉は自分の持ち出しで、参加費の1000円はすべて会場費であるということです。 この話をツイッター上で、 …

no image

豪快にしくじってしまった。

お茶を淹れる時、鍋かやかんで沸かすんですが、 この頃は、 『紅茶は魔法瓶で、緑茶は急須で、中国茶は蓋碗で』 というふうにしてるため、 まるっきし、鍋の役目が無くなってしまいました。 で、いつものように …

no image

『現代に繋がる』お茶のふるさと①

ちょっと、ここで歴史の勉強。 今日紹介します、『高山寺』は、日本で一番古いと言われている茶園があります。 そのいわれは、日本に『抹茶法』によるお茶を持ち帰ってきた禅宗の栄西禅師が、その実を明恵上人に伝 …

no image

いつぞや、ケンミンショーでしてた”薄茶糖”ってどう考えても、グリーンティーですよね?

薄茶糖がグリーンティーであれば、 グリーンティーを知らない東京は、 ”全国的”に見ても 変です。 ほんとはここで、『ケンミンショーでの薄茶糖登場シーン』 を貼るべきなんでしょうが、 見つかりませんでし …

no image

『現代に繋がる』お茶のふるさと②

昨日最後の写真のような杉林の先には、 金堂があります。 森の中にスクっと立ち上がる金堂は、もはやここが京都かどうか疑いたくなるような雰囲気を醸しだしてます。 この金堂の前には、45度を超える急な石階段 …

アーカイブ