お茶

日本の紅茶のメインは、べにふうきじゃないよ

投稿日:2011年5月16日

日本のお茶業界で一番問題とされてるのは、
『茶葉が売れない』
ということです。
別に、この前ニュースになった放射性物質の話じゃないよ。
(前にも書いたけど、過剰反応するほど大したことじゃないし)
元々、日本茶の業界は『新茶一番主義』というのがありまして、
『八十八夜の新茶』が集中的に売れます。
理由は簡単で、『甘くておいしい』からです。
それ以降は、
気温が高くなって、

カテキンが多くなって、

ウンカなど虫対策に明け暮れて、

一番茶以上には甘くならなくて

結局、高い値段をつけれなくて、

『荒茶』としてペットボトルになったり、粉茶になったりと
高価格をつけられない現状が続いてます。
それで立ち上がったのが、『紅茶にしてしまおう』ということです。
紅茶にするには、ふんだんなカテキンと、きっちりした発酵管理が必要です。
もともと、『日本茶は紅茶に向かない』といわれてました。
それは、日本の緑茶は、諸外国のとくらべて、
異常なくらいアミノ酸が含まれてるからです。
紅茶にすると、それが邪魔をして、風味や味が出ないということでした。
でも、いまや日本全国で200を超える茶園さんで
『緑茶品種の紅茶化』に取り組んでます。
紅茶化する点での難点だったことは、
・アミノ酸が多い→日光を充分に当てる環境を作りカテキン化を促進させる
・         →ウンカなどの虫をわざと駆除せずにおく
などの対策法で、可能性が見えてきました。
で、うちの故郷である石川県で『加賀の紅茶』なる国産紅茶が
去年から売り出されました。
飲んでみたいんですが、
多分、去年の生産分はないんだろうなと思いますが、
帰郷した際に、お店に行ってみようかと思います。
なけりゃ、今年生産分を手付金払って、先に抑えます。
やはり、興味ありますし。
静岡の世界お茶祭のときに、出てれば、飲めたのにな・・・
タイミングが合わなくて、本当に残念だ。

-お茶

執筆者:

関連記事

ティーポット

僕が紅茶好きだと言ったら友達は笑い出しました。でも目の前で淹れ出したら・・・

紅茶を安定して淹れられるようになったきっかけ 昔話になるのですが、僕自身はお茶は物心ついた時から好きだったのですが、明確にお茶好きを公言したのは21歳の春先でした。 一番のきっかけは、19の時にティー …

no image

茶葉と畳は新しいほうが良い。嫁は・・・

静岡以降、『日本茶をちゃんと淹れる技法』が身についたので、 わざわざ敬遠しなくてもよくなったためです。 守備範囲が広がったということで。 で、 うちには、たまたま、『数年物』の煎茶と、『今年取れた』煎 …

no image

特定の分野では良い仕事をする大手

果たして何のことかと言うと、 この前、買って(もらった)福袋のことです。 前に、ルイボスティーの話書きましたよね。 次は、もう一つのルイボスティー フレーバードです。 中には、マンゴーとシトラスが入っ …

no image

お茶買った

ぐり茶買った。安かった。 関連

no image

今日からシリーズがなくなったわけで。

いつもの10時更新に『あれ?なにもあがってないぞ』と思ってくださってる方も数名ぐらいいていただいてもいいかな・・・っと思ってるんですが。 今、 ・洗濯物乾かし中で、 ・苫米地先生の辛酸なめ子さんとの対 …

アーカイブ