お茶

日本の紅茶のメインは、べにふうきじゃないよ

投稿日:2011年5月16日

日本のお茶業界で一番問題とされてるのは、
『茶葉が売れない』
ということです。
別に、この前ニュースになった放射性物質の話じゃないよ。
(前にも書いたけど、過剰反応するほど大したことじゃないし)
元々、日本茶の業界は『新茶一番主義』というのがありまして、
『八十八夜の新茶』が集中的に売れます。
理由は簡単で、『甘くておいしい』からです。
それ以降は、
気温が高くなって、

カテキンが多くなって、

ウンカなど虫対策に明け暮れて、

一番茶以上には甘くならなくて

結局、高い値段をつけれなくて、

『荒茶』としてペットボトルになったり、粉茶になったりと
高価格をつけられない現状が続いてます。
それで立ち上がったのが、『紅茶にしてしまおう』ということです。
紅茶にするには、ふんだんなカテキンと、きっちりした発酵管理が必要です。
もともと、『日本茶は紅茶に向かない』といわれてました。
それは、日本の緑茶は、諸外国のとくらべて、
異常なくらいアミノ酸が含まれてるからです。
紅茶にすると、それが邪魔をして、風味や味が出ないということでした。
でも、いまや日本全国で200を超える茶園さんで
『緑茶品種の紅茶化』に取り組んでます。
紅茶化する点での難点だったことは、
・アミノ酸が多い→日光を充分に当てる環境を作りカテキン化を促進させる
・         →ウンカなどの虫をわざと駆除せずにおく
などの対策法で、可能性が見えてきました。
で、うちの故郷である石川県で『加賀の紅茶』なる国産紅茶が
去年から売り出されました。
飲んでみたいんですが、
多分、去年の生産分はないんだろうなと思いますが、
帰郷した際に、お店に行ってみようかと思います。
なけりゃ、今年生産分を手付金払って、先に抑えます。
やはり、興味ありますし。
静岡の世界お茶祭のときに、出てれば、飲めたのにな・・・
タイミングが合わなくて、本当に残念だ。

-お茶

執筆者:

関連記事

no image

もう、ガラス製品は使わない方がいいのか?

確か、去年もガラスのポットを流し台からダイビングさせて割ってしまったはずだ。 基本、壊れやすいものは使わないのがいいのかと思った。 そう、あのポットも縁を割ってしまった。 流し台の中で引っ掛けて割った …

no image

今日初めて『緑茶に砂糖を入れる欧米人の気持ち』がわかった。

前から書いてますように、 べにふうきに『抗アレルギー効果』を期待するなら、決まった淹れ方があります。 おさらいです。 ①お湯を沸騰させる②茶葉を入れて、煮立たせる(500mlに対し、3gがオススメ)③ …

no image

若旦那の早業

基本、『水出しのお茶』は好きではありません。 本来60度近辺で出るお茶の香り・味・風味などが、 ほぼ出てない温度帯だからです。 ただ、放送が見事だったんで、動画を貼らせていただきます。 お店は、ブログ …

no image

これもなぜ東京だけなんだ!!

※といっても、うちには子供がいないので、直接関係ありませんでしたが。 『こんな時期から、子供の自由研究を提案してみる』 というのも、いかがな問題ですが、 日本紅茶協会主催で、 8月6日に『紅茶を楽しむ …

no image

ガラスのポットが無くなってから

大いに割れてしまったガラスのポット。 正直、危なくて使えないので、完全に割って捨てました。 なので、ジョッキに氷をたくさん入れて 一気にアイスティーを作ってしまう作戦に出ました。 作り方は、前に書いた …

アーカイブ