お茶

日本の紅茶のメインは、べにふうきじゃないよ

投稿日:2011年5月16日

日本のお茶業界で一番問題とされてるのは、
『茶葉が売れない』
ということです。
別に、この前ニュースになった放射性物質の話じゃないよ。
(前にも書いたけど、過剰反応するほど大したことじゃないし)
元々、日本茶の業界は『新茶一番主義』というのがありまして、
『八十八夜の新茶』が集中的に売れます。
理由は簡単で、『甘くておいしい』からです。
それ以降は、
気温が高くなって、

カテキンが多くなって、

ウンカなど虫対策に明け暮れて、

一番茶以上には甘くならなくて

結局、高い値段をつけれなくて、

『荒茶』としてペットボトルになったり、粉茶になったりと
高価格をつけられない現状が続いてます。
それで立ち上がったのが、『紅茶にしてしまおう』ということです。
紅茶にするには、ふんだんなカテキンと、きっちりした発酵管理が必要です。
もともと、『日本茶は紅茶に向かない』といわれてました。
それは、日本の緑茶は、諸外国のとくらべて、
異常なくらいアミノ酸が含まれてるからです。
紅茶にすると、それが邪魔をして、風味や味が出ないということでした。
でも、いまや日本全国で200を超える茶園さんで
『緑茶品種の紅茶化』に取り組んでます。
紅茶化する点での難点だったことは、
・アミノ酸が多い→日光を充分に当てる環境を作りカテキン化を促進させる
・         →ウンカなどの虫をわざと駆除せずにおく
などの対策法で、可能性が見えてきました。
で、うちの故郷である石川県で『加賀の紅茶』なる国産紅茶が
去年から売り出されました。
飲んでみたいんですが、
多分、去年の生産分はないんだろうなと思いますが、
帰郷した際に、お店に行ってみようかと思います。
なけりゃ、今年生産分を手付金払って、先に抑えます。
やはり、興味ありますし。
静岡の世界お茶祭のときに、出てれば、飲めたのにな・・・
タイミングが合わなくて、本当に残念だ。

-お茶

執筆者:

関連記事

no image

初じゃ~!初じゃ~!紅茶が入荷された~!

去年、『紅茶の試飲会で美術館に行ったのに、なぜか和服の女性が多数でびっくらこいた』という物議を呼んだ、『加賀の紅茶』の今年の分が販売決定されたとメールが来ました。 発売日は、昨日9月30日。相変わらず …

2つの天の川(羊羹の中身)

『2つの甘春堂』と『2つの天の川』

2つの『甘春堂』 京都には2つの『甘春堂』という和菓子屋さんがあります。 厳密には、2つじゃないみたいなのですが、ここは話の都合上『2つ』にしておきます。 (類似の話には、「ふたば」という和菓子屋さん …

no image

加賀の紅茶到着

先日注文してました、『加賀の紅茶』が 到着しました。 中身は、”やぶきた”と”おくひかり”でおくひかりは、 煎茶としての性能が高いので、一番茶や二番茶はいい値段で取引されてるでしょうが、 三番以降の秋 …

no image

待てど暮らせど、なかなか紹介しなかったお茶を、ようやく紹介します!!!

さて 『お茶』のテーマをはじめて、 一番最初に『おいしい』とオススメしたものを入れました。 加賀棒茶です。 これまで、散々、 『ほんとにいいですよ』 とか 『飲まないと後悔する気がします』 とか、書い …

no image

【季節なので】インフルエンザに効く緑茶の飲み方

過去の記事にもちょこちょこと書いていたような気はしますが、多分誰も読み返さないだろうし、思い出しもしないでしょうから、改めて書くことにします。 まず、『インフルエンザに茶カテキンは効く』ことは事実です …

アーカイブ