お茶

日本の紅茶のメインは、べにふうきじゃないよ

投稿日:2011年5月16日

日本のお茶業界で一番問題とされてるのは、
『茶葉が売れない』
ということです。
別に、この前ニュースになった放射性物質の話じゃないよ。
(前にも書いたけど、過剰反応するほど大したことじゃないし)
元々、日本茶の業界は『新茶一番主義』というのがありまして、
『八十八夜の新茶』が集中的に売れます。
理由は簡単で、『甘くておいしい』からです。
それ以降は、
気温が高くなって、

カテキンが多くなって、

ウンカなど虫対策に明け暮れて、

一番茶以上には甘くならなくて

結局、高い値段をつけれなくて、

『荒茶』としてペットボトルになったり、粉茶になったりと
高価格をつけられない現状が続いてます。
それで立ち上がったのが、『紅茶にしてしまおう』ということです。
紅茶にするには、ふんだんなカテキンと、きっちりした発酵管理が必要です。
もともと、『日本茶は紅茶に向かない』といわれてました。
それは、日本の緑茶は、諸外国のとくらべて、
異常なくらいアミノ酸が含まれてるからです。
紅茶にすると、それが邪魔をして、風味や味が出ないということでした。
でも、いまや日本全国で200を超える茶園さんで
『緑茶品種の紅茶化』に取り組んでます。
紅茶化する点での難点だったことは、
・アミノ酸が多い→日光を充分に当てる環境を作りカテキン化を促進させる
・         →ウンカなどの虫をわざと駆除せずにおく
などの対策法で、可能性が見えてきました。
で、うちの故郷である石川県で『加賀の紅茶』なる国産紅茶が
去年から売り出されました。
飲んでみたいんですが、
多分、去年の生産分はないんだろうなと思いますが、
帰郷した際に、お店に行ってみようかと思います。
なけりゃ、今年生産分を手付金払って、先に抑えます。
やはり、興味ありますし。
静岡の世界お茶祭のときに、出てれば、飲めたのにな・・・
タイミングが合わなくて、本当に残念だ。

-お茶

執筆者:

関連記事

no image

一つの季節に一回開く茶館

毎季恒例の告知(にしたい)です。東京の大田区山王で、茶館銀芽さんが開店します。茶館銀芽今季の開館日は、11月11(金)~13日(日)です。もし、予定が合えば、11日にお伺いします。 もしかしたら、11 …

no image

抹茶の違った選択肢

夫婦岩の回で、ちらっと触れた割にあんまし反応がなかったので、改めてアップします。 『抹茶黒糖』です。 黒糖を抹茶でコーティングしたもので、 触ると抹茶が手につきます。 ちなみに、黒糖の味が強いので、『 …

no image

不器用にも程がある(蓋碗でお茶を淹れる)

蓋碗を買ってきたとか言いながら まだ一度も載せてなかったことに気づく。 これで淹れるとなにが違うかといえば、 一杯で一人分位(100cc~120cc)なので 淹れやすいんです。 苦くするにしても淡くす …

宇宙一アイスティー6

宇宙一簡単なアイスティーの作り方:補足

宇宙一簡単なアイスティーの作り方のおさらい まずは、作り方を箇条書きでおさらいをします。 ・飲みたい量の半分の水を用意します。 ↓ ・水にティーバッグを入れます。(水200mlあたりティーバッグ2つぐ …

no image

砂糖は先?後?

Twitterのフォロワーさんが流してくれたネタで、『ティーバッグで紅茶を飲む時の砂糖のタイミングについて』というのがありました。 それは多分、お湯→砂糖→ティーバッグとお湯→ティーバッグ→砂糖のこと …

アーカイブ