べにふうき

まさかの時期に、まさかの展開・・・

投稿日:2011年5月15日

あのですね・・・

チョット前(昨日か一昨日)なんですけどね。

嫁様の衣替えをしてたんですね。

押入れの引き出しの中(冬服)と

圧縮袋の中(夏服)を入れ替えさせててたんですね。

嫁様、一人ではようやらんので、手伝ってたんですね。

そんで、全部終わって、夕飯食べて、PCで作業をしようとしたら・・・

季節外れのクシャミの連発!!

僕の中で、高親和性IgE受容体IgEの刺激を受けて飛び出したLynとそれがミオシン軽鎖リン酸化して、猛烈にヒスタミンを発現させ活躍してるようです。

埃もダメなんですが、基本、スギ花粉なので、震災のドサクサに紛れて終了したことにより、『もういいかな?』なんて思ってました。

すみません・・・

また、再開します。

ですから、


京都紅茶道部

助けてください!

べにふうきさん!!

-べにふうき

執筆者:

関連記事

no image

東京では飛んだみたいですね。

関西では、週末ぐらいから飛ぶそうです。 何の話でしょうか。 答えは、誰かがコメントで書いてくださるでしょうね。 で、それが飛ぶことによって発生する経済損失を算出した人がいます。 第一生命経済研究所の計 …

no image

最初のほうは渋くないが、徐々に渋みが出てきて、良い感じに。

というのは、先日購入した 茶・水分離のべにふうきです。 嫁様が、『さっきの飲ませろ!』というので、開けました。 開ける前で キャップをひねると、茶葉が落ちてきます。 シェイクして混ぜると、緑に。 (ど …

no image

国産紅茶復興ののろしは、ここから上がった・・・

前にも記事にしてたことがあります。 かつて、明治以降、日本では外国に人間を派遣して紅茶の生産能力・品質水準を上げていったこと。 そして、昭和46年に紅茶が自由化されて、ほぼ完全にその能力を失ってしまっ …

no image

べにふうきの現状

と、いままで、散々べにふうきのことを書いて参りましたが、 ※べにふうき擬人化イメージ絵 『じゃ、日本国内で、どういう状況やねん』 という、話になると思います。 日本国内、茶園は3万1300ha、生産量 …

no image

紅茶の、国産と”外”国産

予告してたと言えば、予告してまいた。 予告では、『どう考えても、べにふうきが一番になってしまう』ようなこと書きましたが 淹れて、飲んで、確認したら、意外と冷静になれました。 (味覚の理性的判断は、感情 …

アーカイブ