べにふうき

まさかの時期に、まさかの展開・・・

投稿日:2011年5月15日

あのですね・・・

チョット前(昨日か一昨日)なんですけどね。

嫁様の衣替えをしてたんですね。

押入れの引き出しの中(冬服)と

圧縮袋の中(夏服)を入れ替えさせててたんですね。

嫁様、一人ではようやらんので、手伝ってたんですね。

そんで、全部終わって、夕飯食べて、PCで作業をしようとしたら・・・

季節外れのクシャミの連発!!

僕の中で、高親和性IgE受容体IgEの刺激を受けて飛び出したLynとそれがミオシン軽鎖リン酸化して、猛烈にヒスタミンを発現させ活躍してるようです。

埃もダメなんですが、基本、スギ花粉なので、震災のドサクサに紛れて終了したことにより、『もういいかな?』なんて思ってました。

すみません・・・

また、再開します。

ですから、


京都紅茶道部

助けてください!

べにふうきさん!!

-べにふうき

執筆者:

関連記事

no image

『べに』からい出た『ほまれ』 そしてその子どもたちも『紅茶のほまれ』

話題のべにほまれ。ただしべにほまれの子供たちも優れた紅茶だと知ってますか テレビ番組で三重県のべにほまれの紹介がされて、一躍検索数が増えた『べにほまれ』 三重県だけ取り上げられていたようですが、べにほ …

no image

『花粉が去年の5~10倍の飛散量』だとわかってながら、真っ向から受けてたつ俺って何?

『2011年の花粉飛散量、10年の5~10倍!』 (@関西) というニュースをごらんになられたことはあると思います。 「え??去年の5倍~10倍??」 ただ、2010年は非常に少なく平年以下で、 実際 …

no image

ちゃんと、伝わったかな・・・

予告どおり、嫁のお母さん(お義母さん)に、 べにふうきの『花粉症に効く淹れ方』をレクチャーしてきました。 もちろん、手ぶらで行ったわけじゃなくて、 ”べにふうき”・”生姜”・”オリゴ糖”と、3点セット …

no image

国産紅茶復興ののろしは、ここから上がった・・・

前にも記事にしてたことがあります。 かつて、明治以降、日本では外国に人間を派遣して紅茶の生産能力・品質水準を上げていったこと。 そして、昭和46年に紅茶が自由化されて、ほぼ完全にその能力を失ってしまっ …

no image

これが、べにふうきのベストな金額です。

いつもブロクを拝見させていただいております、森内茶農園さんのブログで、べにふうき緑茶の売り出しが始まったと記事が出てました。 べにふうき釜いり茶 袋詰めしました 釜炒りで、香ばしい仕上がりなんですが、 …

アーカイブ