お茶

今度こそ、今年の告知

投稿日:2011年5月11日

前回は、なにも見ずに『去年の告知』を貼ってたような気がする。
でも、今度はちゃんと今年の告知です。
京都紅茶道部
今年もあります。
京都吉田山大茶会。
ことしは、あの『不気味な卵』でおなじみの
京都紅茶道部-宇治茶祭・観光4
国民文化祭とタイアップ。
(多分、卵じゃないんだろうな、繭なんだろうな・・・)
開催は6月18日・19日(土・日)で、10:00~16:00
雨天でもお構いなし!
これの前の週に、ルピシアのダージリンフェアで、連続イベント。
もちろん、近いんで参加します。
(平安京の上なら”近い”というと京都人から不思議がられます)
シーズン的には、梅雨真っ盛りで雨の確率がものすごく高いですが、
『雨の京都でお茶って、風情があっていいんじゃない??』
と思う方は、お越しください。
(雨の代名詞って、京都じゃなくて金沢だろと、金沢人が突っ込んでみる)
※京都の大きなイベント
・5月→葵祭
・6月→吉田山大茶会
・7月→祇園祭
・8月→五山の送り火

-お茶

執筆者:

関連記事

no image

若旦那の早業

基本、『水出しのお茶』は好きではありません。 本来60度近辺で出るお茶の香り・味・風味などが、 ほぼ出てない温度帯だからです。 ただ、放送が見事だったんで、動画を貼らせていただきます。 お店は、ブログ …

no image

『お茶を飲む』という行為に資格が必要なのか?

基本的には、僕は『お茶の資格』なるものは取る予定はありません。 (『お茶の先生』というわけの分からないものになるつもりはないので) ただ、団体があるとその分だけ 『認定資格』なるものがあるのが、 この …

アイスティー20140716-1

はやり日本でアイスティー大人気!その理由とは

<アイスティー>高温多湿の日本人気高まる 軟水でおいしく <アイスティー>高温多湿の日本人気高まる 軟水でおいしく(毎日新聞) 仕事や家事の合間、友人との外出時などさまざまな場面で口にすることが多い紅 …

no image

お茶と温度の相関関係

お茶は温度と密接に関わっています 毎度のことなんですが、 『お茶には温度が大切です』 と、記載させていただいてもらてます。 数回にわたって。 ただ、 『紅茶は100度だよね~』、 『緑茶ってわかんない …

no image

お茶のある風景

口に入れるものの優先順位 先日ネタにもしましたが、人間の口に入るものの行動のパターンは、食→飲です。 食のプロセスの中で、『煮だした汁が飲める』と解釈して、それを飲むという行動。 お茶でも、本来はそう …

アーカイブ