お茶

今度こそ、今年の告知

投稿日:2011年5月11日

前回は、なにも見ずに『去年の告知』を貼ってたような気がする。
でも、今度はちゃんと今年の告知です。
京都紅茶道部
今年もあります。
京都吉田山大茶会。
ことしは、あの『不気味な卵』でおなじみの
京都紅茶道部-宇治茶祭・観光4
国民文化祭とタイアップ。
(多分、卵じゃないんだろうな、繭なんだろうな・・・)
開催は6月18日・19日(土・日)で、10:00~16:00
雨天でもお構いなし!
これの前の週に、ルピシアのダージリンフェアで、連続イベント。
もちろん、近いんで参加します。
(平安京の上なら”近い”というと京都人から不思議がられます)
シーズン的には、梅雨真っ盛りで雨の確率がものすごく高いですが、
『雨の京都でお茶って、風情があっていいんじゃない??』
と思う方は、お越しください。
(雨の代名詞って、京都じゃなくて金沢だろと、金沢人が突っ込んでみる)
※京都の大きなイベント
・5月→葵祭
・6月→吉田山大茶会
・7月→祇園祭
・8月→五山の送り火

-お茶

執筆者:

関連記事

no image

静岡県立大が「茶学総合講座」 国内大学初

県立大は、茶に関する総合的な研究所として国内大学初の「茶学総合講座」を、研究組織の食品栄養環境科学研究院に開設した。 ▽国内初の茶専門講座 お茶の研究所はたくさんありますが、一つの大学で総合的に見ると …

no image

砂糖は先?後?

Twitterのフォロワーさんが流してくれたネタで、『ティーバッグで紅茶を飲む時の砂糖のタイミングについて』というのがありました。 それは多分、お湯→砂糖→ティーバッグとお湯→ティーバッグ→砂糖のこと …

no image

神戸かな・・・

『遠いから、関係ないや』 と思ってたら、もう、秋の告知も入ってました。 ルピシアのグランマルシエ という名の即売会兼タダ飲み大会 (絶対に、ノーマネーでフィニッシュです) 夏と秋の開催があり、夏は前か …

no image

待てど暮らせど、なかなか紹介しなかったお茶を、ようやく!!!

さて 『お茶』のテーマをはじめて、 一番最初に『おいしい』とオススメしたものを入れました。 加賀棒茶です。 これまで、散々、 『ほんとにいいですよ』 とか 『飲まないと後悔する気がします』 とか、書い …

名古屋の中国茶専門店20140801-2

日本における中国茶と言う立ち位置

中国茶の専門家による中国茶現代史 お茶仲間の中国茶の専門家「あるきち」さんが、自身の中国茶ブログが10年を迎えたという事で、今一度「中国茶と日本とのかかわり」をまとめておられております。 日本での中国 …

アーカイブ