お茶

そもそも、うちのスタンスは。

投稿日:2011年5月8日

このブログは、ダイエットブログです。

ですが、『お茶にはダイエット効果が期待できる』ことから、

お茶も取り上げています。

(でも、ここを見てる人の9割はお茶ブログだと思ってるんだろうな)

言い訳でした。

で、お茶のスタンスも、

・温度、時間は守る

・茶葉はこだわらない

・食器にやたら金をかけるのはもってのほか。

と、『今、家にあるもので、その茶を最大限に淹れるには』

を重点に書き込んでます。

それを証拠に、一昨日いつも使ってる
京都紅茶道部
ガラスのポットが割れてしまったため、

今現在では、
京都紅茶道部
去年買ったこれに入れてます。

別に、他人様に出すわけでないから、

これでいい。

いつも、ペタと同時に『紅茶』『お茶』で、ブログ検索をかけて

ブログめぐりをしてます。

(それで、自動で動画や音楽が流れるブログで驚きます)

ほとんどは、食事の時にデザートで出てくる紅茶とか、

紙パックの紅茶飲料ばかりなんですが、

教室を開いていらっしゃる方も結構いまして、

その中でも、ユーストリームで、

リアルタイム配信をされている方が、多いようです。

僕自身、ユーストリームやニコニコ動画で、

『淹れ方教室』などはする予定はありません。

(何しろ、

『100℃に限りなく近い温度で3分以上淹れれば

それ以上必要なものはない』

と言う人なんで)

ただ、動く映像で、実際の手順を見てみないと

理解しづらい方も多いと思います。

実際、日本茶の場合がそうでした。

前に日本茶の淹れ方 をブログにアップしましたが、

写真の羅列では、うまく理解しづらいなと思う現状です。

なので、もし、僕の条件(『お茶のスタンス』のこと:上記参照)に

ご賛同いただける専門家の方がいらしたら、ご連絡ください。

ここで、その番組を告知します。

生放送が決まるたびに、その都度、告知します。

僕のブログのお茶の話は、

『お茶(紅茶でも日本茶でも中国茶でも)が敷居が高い』と勘違いしてる人を

『な~んだ、こんなことでええんか』という理解をしてもらうためのものです。

どの茶葉旨いとか、どの食器が良いとかいうブログじゃないです。

(すべてのお茶を旨く淹れたいのが基本的な考えです)

どのくらいの専門家の方が見てるかわかりませんが、

ご連絡をお待ちします。

あと、一回1000円ぐらいまでのお手軽な教室の告知も待ってます。

これを超えると、見てる人が『やっぱり、特別なもんじゃねえか』と思われます。

(その傾向は、いたるところの教室の受講生の数がそんなに多くない割りに、

ルピシアのフェアが毎回満員御礼だということでご理解いただけると思います)

ということで、随時ご連絡をお待ちしております。

(ただし、上記の条件を飲めない方は、ご遠慮ください)

-お茶

執筆者:


  1. minmi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    私はコーヒーが飲めないので、
    朝は紅茶、職場には甜茶持参
    夜は緑茶飲んでいます(^-^)
    ハーブティも大好きです。

  2. ミント より:

    SECRET: 0
    PASS:
    カテキンは美容にいいといいますしダイエット効果もあるかもしれませんね(*´`)

関連記事

no image

南山城紅茶と月ヶ瀬の紅茶

※今回は、文字だけの更新になります。ただ単に、画像を上げるのがめんどくさいだけです。ご了承ください。 6月13日、お呼ばれを致しまして、南山城村と旧月ヶ瀬村にお邪魔をしてきました。(実態:お忙しい最中 …

no image

砂糖は先?後?

Twitterのフォロワーさんが流してくれたネタで、『ティーバッグで紅茶を飲む時の砂糖のタイミングについて』というのがありました。 それは多分、お湯→砂糖→ティーバッグとお湯→ティーバッグ→砂糖のこと …

no image

まだいけるのかな??

『猫の紅茶』でおなじみの『Janat』さんのティーパーティが 9月28日に行われます。 前に、会員限定で送られてたメールで、定員30人なんですが、 まだ空きがあるそうです。 東京エリアで、ここ ロイヤ …

no image

金沢にいて、更新できないはずなのに・・・

更新してますw (予告更新ですw) 神奈川で『紅茶専門店ディンブラ』をされている 磯淵さんのブログ にて 随分前から紹介されていたんですが、 近くなってきたので こちらでも紹介します。 NHK教育テレ …

no image

蓋碗で淹れるのに、向き・不向きがあるのかと思った。

前に、お茶の棚卸しをした際に、中国茶のことで 『安いお茶と高いお茶の差がありすぎる』 というような事を書いたような気がします。 それは、値段だけでもなかったということです。 黄色の袋のいわゆる『安い茶 …

アーカイブ