お茶

いまだに、悩んでる。

投稿日:2011年4月13日

といっても、嫁様のことじゃないです。
(悩んでないといったら嘘になりますが)
今回の悩みの種はこれです。
京都紅茶道部
『え~、ただの烏龍茶じゃん』
って言うかもしれません。
過去に、『日本茶は世界一難しいお茶』といったと思います。
それは、温度と時間で、『おいしいポイント』と『まずいポイント』が分かれてしまうからです。
それに対し、中国茶は、淹れ方と時間で、『全く違うお茶』になります。
そう考えると、茶葉だけ考えればいい紅茶は、ものすごく楽です。
(てか、中国茶と日本茶って、なんであんなにもめんどくさいんだよ・・・)
実際、中国茶の淹れ方をよく分からないので、
今まで、成功したためしがないんですが、
一応、検索してみましたら、いくつかのポイントがヒット。
・”洗茶”をする
・淹れる時間は短く(30秒~1分、場合によっては5秒)
・量もきっちりと
あのイイカゲンな国民性の中国人が考えたとは思えないシステム。
お茶は、もともと、上層階級の文化だったそうなので、
上層階級はきっちりがすきなのかもしれない。
必要なのは、小さい茶器か蓋付きの湯のみ(蓋が器よりも小さいの)
うちにある食器で、できるかな・・・・

-お茶

執筆者:

関連記事

no image

やっと、ストリーミングのエラーが解消されたので、e-ラーニングで宇治茶の勉強できます。

でその、e-ラーニングはここで。 京都e-ラーニング塾 お茶しか受講しませんけどね。 その中でも、静岡でも、実は気になってるお茶があります。 それは、日本最古の喫茶法、団茶(餅茶)です。 どんなものか …

no image

予定、追加。

まだ、確定じゃないですが、 12/1に宇治市生涯学習センターで行われる、 「eラーニングで学ぶ 宇治茶の歩み」のスクーリングに行ってきます。 今、申し込んだばかりなので、定員に達してなければいけるんで …

no image

伊豆からのお土産

ブログの連載前に公開かい! 基本、茶器は性能で買うように気をつけてますが、今の時代、工業化で品質が安定してきてからは、いちいち気にしてません。何を買ってもある程度の性能は保証されてますから。(同一産地 …

no image

お茶の棚卸ししようとしたら・・・

心が折れました orz   だって、多すぎるんだもんw (誰のせいだ( ̄皿 ̄#) ) まあ、確認しないと始まらないからな・・・ で、前回撮った時が このくらいで、 今回のが このくらい ※三 …

no image

探し物をしてたら、別のものが見つかった。

本当は、小さいドライバー探してたんですけどね。 引き出し探したら、こういう缶みつかりました。 緑寿庵清水の金平糖 いつぞやか、京大あたりに行ってた時に、ふらっと立ち寄って、買ってきた 金平糖の有名店で …

アーカイブ