お茶

多分、世界唯一の国産紅茶専門資料です

投稿日:2011年4月4日

現在、(多分)日本で最大級の『国産紅茶も取り入れてる』最大の茶の研究会『茶学の会』にて、国産紅茶の講演会をまとめた本が出ました。
京都紅茶道部
ただし、自費出版なので、書店では手に入りません。
これを見ることにより、『日本の紅茶生産の概要』が理解できます。
『国産紅茶の初心者』の僕としては、大変ありがたい本です。
茶学の会の例会にも行きたいんですが、
場所が静岡県内だったりしますので、
予算の都合でいけないことが多い。
(と言うか、現状ではほぼ不可能です)
なので、会長の小泊重洋さんのブログをみて、
現状把握をするのが精一杯です。
収支が付けば、茶学の会にも入って、例会もちゃんと出たいです。
国産紅茶、これは、日本にとって、リベンジの舞台です。
昭和46年に完全に摘み取られた『国産紅茶』の芽は、
今、『2番茶以降のやぶきたの利用』や
『新しい品種の開発』によって、再び芽を出そうとしてます。
去年の10月末、たまたま、静岡に行ったことで知った僕が、
国産紅茶の最前線を目撃できていることに、身震いを覚えてます。

追伸:後日、佐賀の国産紅茶専門店紅葉の店長岡本さんが、『和紅茶の本』を出版されました。
合わせてご覧いただければと思います。

-お茶

執筆者:

関連記事

no image

珍しく、器を褒めてみる。

と言っても、『銘のある茶器』とかじゃないです。 そんなものを褒めても、全くの無意味なので。 僕が注目してるのは、常に機能と性能。 どんな名器でも、用を足さなければ、ただのガラクタです。 で、通常は写真 …

no image

一応、区分だけしてみた。

在庫がどのくらいあるのか、数えるのは嫌でも、 どんな種類があるのかは気になる。 なので、区分だけしてみました。 緑茶は・・・・ 来年の花粉症対策の為に、 最終在庫を一気に買った緑茶べにふうきが目立ちま …

no image

『伊右衛門』と『伊右衛門』

多分、今回は誰でも知ってるはずです。 二つの伊右衛門。 でも、『煎茶と玄米茶』とか『コールドとホット』とか、チープな比較はしません。 『葉っぱ』と『ペットボトル』です。 ペットボトルの中身がどれだけ、 …

no image

ファーストフラッシュが出る前に再検証:紅茶を淹れる2つの方法

南山城紅茶チームのツイッターやフェイスブックに、今年の南山城紅茶のファーストフラッシュ(一番茶)の準備の光景がアップされてました。 出まわるのも時間の問題なので、今回は去年までの物をどういう方法で淹れ …

no image

ベルガモット天国へようこそ

気が付けば、来月にはコーヒーが 全面的に値上げみたいですね。 近所のKALDIに行ったら、セールをしてました。 どうやら、新聞では広告が入ってたみたいです。 店中いたるところに『広告の品』ポップが・・ …

アーカイブ