お茶 お茶の健康

ためしてがってん、録画しててん

投稿日:2011年3月10日

今、録画してた『ためしてがってん』(3/9放送分)を見てみました。
リクエスト特集で、『痴呆』『お茶』が内容です。
『痴呆』の方は完全に流し聞き。
(こっちのほうが、重要なネタかもしれないw)
今回紹介されてたのは、『ミル緑茶』
なんのこっちゃ、ってことじゃなくて、
要は茶葉の粉砕具合の話。
普通で飲む湿らせて擂るミルミキサーで粉砕
という具合で、栄養素が出る割合が変わるそうです。
ってことは、今日当たり、お茶じゃなくて、ミルミキサーが売り切れてるんかな・・・
そういえば、この前も『掛川の深蒸茶』が売り切れたな・・・
深蒸ならどこでも良いのに。
(今はどこでも店頭に積みあがってます)
で、細かくすればするほどカテキンをはじめβカロテン(脂溶性)が出やすくなります。
ただ、淹れ切った茶葉を料理に入れてよくかんで食えば、同じだろう・・・
(よく噛んでくえば、ダイエット効果もあるし)
で、抽出されたカテキンですが、実はこれは体に吸収される割合が大きくないです。
同じ抗酸化作用があるビタミンCと比べると、吸収率は半分以下。
※このカテキンは、『エピガロカテキンガレード(EGCG)』といわれるカテキンです。
今回、あるものを混ぜて、吸収率を高くしようと検証してました。
検証されたのは、メチル化カテキンの研究でおなじみ、
農研機構・野菜・茶機能性研究チーム山本万里先生。
それを入れると、入れないのと比べると30%吸収率が上がるそうです。
番組では、『カテキンを脂肪が包んで入りやすくなってるかもしれない』と言ってました。
(でもまだ、証明できてません)
ですけどね・・・
カテキンって、たんぱく質吸着能力があるんですよね。
(インフルエンザの記事参照)
たんぱく質を着こんでガッチガッチになったカテキンが消化器(腸とか)に吸収されることはありません。
(大きすぎて)
さっきの、『脂肪にくるまれて』仮説が正しいとすると、それでもたんぱく質装備できなかったカテキンが脂肪をまとって体内にはいるのかもしれませんね・・・
(カテキンに脂肪・・・、酸素吸着率高そうww)
個人的には、お茶に牛乳はいかがかなって・・・
ミルミキサーの粉砕性能が高まって、粉茶レベルまで細かくなるんであれば、もしかしたら『抹茶ミルク』みたいに飲めるかもしれない。

どうですか?
試してみますか?

-お茶, お茶の健康

執筆者:

関連記事

no image

一風堂ではルイボスティーですが、天天有ではさんぴん茶です。

気がつけば、一風堂のルイボスティーの入った ポットが空になってます。 みこどんです。 ルイボスティーの記事につきまして、多数のコメントありがとうございました。 アクセス数が一日1000を超えたことは多 …

no image

ある紅茶専門店にまつわる創業伝説と偉人創業者①

今も残る企業には、その伝説と偉人とも言える創業者の存在があります。 例えば、自動車のフォードは、創業者ヘンリー・フォードが自動車の大量生産を行い一般化を果たしたという伝説があり、GEには、発明王トーマ …

no image

紅茶セミナー

行ってきました。 今日の講師でした、紅茶工房レジーナのオーナー中村さんは、日本最初のティーハウスMUSICAのオーナーさんのお弟子さんだったんですね。 知らなかった・・・ ちょこっと、話したんですが、 …

no image

お茶とは、『理解すること』そして『体験すること』

なんて、書いたら、ある特定の人から 『宗教みたいやな』 って、言われそうです。 (そういう人は、相当、頭のいい人に限られますが) 日ごろから、お茶ばかり飲んでる僕ですが、 ふと、原点に振り返り、『理解 …

no image

思いの外、まだ暑かった・・・

涼しくなるかな・・・ と、高を括ってたら、思いの外暑いという事実。 台風が来てるんで、もしかしたら今日からまた涼しくなるのかなと 淡い期待を持ってます。 (8月中盤、台風一過のあと、数日涼しかったです …

アーカイブ