お茶 紅茶 紅茶の淹れ方

うめ♪もも♪さ・く・ら♪

投稿日:2011年3月5日

すっごい昔、あったな、『うめももさくら』って漫画。


写真さえないのか・・・
アマゾンは・・・
じゃ、グーグル先生にお頼みして・・・→こちらへ
1990年って、俺小学生じゃねえか・・・

なんで、そんな前の漫画知ってんだ?俺・・・
楽勝で20年前だぞ・・・・
ってなわけで、
いつもご贔屓の紅茶専門店にて『新年じゃない福袋』から
京都紅茶道部

さくら紅茶を選んでみました。
この時点での予想は、
『紅茶にさくらの葉の塩漬けのチップを加えたもの』
と考えてました。
(実際、買う前に行ったルピシアの”さくらのフレーバード”はそういう作りでした)
その予想が、開封直後に、おもいきり外れました。

京都紅茶道部

さくらの葉が見つからないというか、
香りそのものが、『梅の香り』に近い
物が・・・
『さくらの葉の塩漬け』なら、スグにわかったんです。
桜餅のあの香りそのものですから。
(ルピシアのは、さくら茶というより、『桜餅茶』が大正解。桜餅好きにはたまらない香りw)
前に紹介した”ルピシアの福梅(金沢限定)”よりも、上品な梅の香りです。

紅茶はいつものように
京都紅茶道部
鍋にお湯を入れまして
京都紅茶道部
沸騰したら、茶葉を入れます。
京都紅茶道部
蓋をして3分・・・このときは
京都紅茶道部
弱火にしてます。
これで過剰な蒸発を防いで、極力100℃を保ったまま、鍋の中の対流を促してます。
つまり、『100℃でジャンピング』という、ゴールデンルール信者にとって最高の環境になります。
京都紅茶道部
3分経ったら、濾しまして
京都紅茶道部
出来上がりです。
京都紅茶道部
色目も思った以上に濃いめ。
香りは、ほんのりさくらになってました。(梅もちらほら・・・)
しかし、今回ちと失敗をしてました。
実は、鍋で淹れてる3分間の間に、数回蓋を開けてしまってました。
そのせいで、本来あったであろう香りの大部分が飛んでしまってた可能性があります。
飲んでみて、後悔・・・orz
”蓋を開けなければ”、”ポットで淹れてれば”、もっと香りが良いさくら紅茶を楽しめたかも・・・
反省です。
(まあ、まだ残ってますしね)

-お茶, 紅茶, 紅茶の淹れ方

執筆者:


  1. みこどん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >愛ピカさん
    コメントありがとうございます。
    花びら入り良いですね・・・・
    茶漉しでこさずにカップに注ぎたいです。
    (桜酒かよ)

  2. 愛ピカ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    たったいま 飲み終わったとこで
    この日記を見ました。
    私のは花びら入りでした。
    あっ。ペタありがとうございました♪

関連記事

no image

探し物をしてたら、別のものが見つかった。

本当は、小さいドライバー探してたんですけどね。 引き出し探したら、こういう缶みつかりました。 緑寿庵清水の金平糖 いつぞやか、京大あたりに行ってた時に、ふらっと立ち寄って、買ってきた 金平糖の有名店で …

no image

買ってきていただきました。

ということで、 福袋です。 中身はもちろん・・・・・・ 紅茶! って、これではなくて・・・・(チーズでした) これ 緑茶と烏龍茶の詰め合わせ (多分、ルピシアで人気のないものの詰め合わせ) ・ 水仙  …

no image

粉紅茶のポテンシャルを調べてみる

ミルクティーじゃない粉紅茶 で、先日(といっても、昨日か一昨日)、 インスタントティーをもう一つ買っていました。 確実にジュースだろうと思いながら・・・ 実際に、あけてみまして 見た目は、そのまんま粉 …

no image

平安京に戻ってきたということで

茶ブログの登録を再開してます。多分、いま、300を超えています。

no image

ツイッターのネタふりより

紅茶茶漬けではありません! (海草紅茶でもありません) バウム(バームクーヘン)の話が出てましたので、 それを。 あれ?紅茶じゃないぞ・・・・ まあ、添えということで。 ネタ的には、『トーストバウムを …

アーカイブ