お茶

パソコンのお供が、お茶の世界にも登場

投稿日:2011年3月4日

出遅れた!
しかも、一ヶ月だ!
俺は何をしてたんだ!

3月2日に、『ツイッターでフォローをしてる人のブログを勝手に新聞記事にしてしまう』アプリで遊んでいる時に、こういう記事を見つけてしまいました。
『抗酸化や眼精疲労に効くお茶』
お茶に『アントシアニン』が多く含まれる品種が出来たと言うのです。
アントシアニンといえば、わか○生活のこれ

京都紅茶道部
とか有名です。

わかさ生活/ブルーベリーアイ/純粋タイプ/ハードカプセル/アイケア/目/視力【楽ギフ_包装選択】
¥1,680
楽天

そのアントシアニンを多く含む品種は、もともとあったらしいんですが、栽培が難しく量産できる品種の開発が急がれてたんですが、それが、2月2日に発表されて、2月3日にお披露目されてました。
その名も、『サンルージュ』
※お披露目会の案内
で、冒頭の『心の叫び』につながるわけですね。
で、ここまできて、『アントシアニン』が何のことかわからない人に説明です。
・紫色の色素、抗酸化ポリフェノールの一種
・ブルーベリー、ビルベリー、アメリカンチェリー、カシスとかに多く含まれます
・疲れ目を改善、肝機能向上、血圧抑制、などに効果があるとされてます。

つまり、『ブルーベリーみたいな機能のお茶』ができると言うことです。
(もちろん、お茶なので、カテキンは含みます)
詳しくは、こちら(11月20日プレスリリース)にかいてあるんですが、
べにふうきに続く『新たな機能性茶品種』として期待されてます。
アントシアニンは、一日の摂取目安が43mg ~ 90mgとされてます。
ブルーベリーで換算すると、
生:60g~300g、
乾燥:12g~25g、
ジャム:40g~90g
だそうです。
では、サンルージュで換算するとどのくらいの量が必要か。
サンルージュには、
1番茶には0.304%、
秋冬番茶には0.37%
含まれます。
つまり、
一番茶なら14g~30g、
秋冬番茶なら12g~24g
(ともに乾燥しているもの)となります。
スペック的には、ブルーベリーにも劣りません。
ただ、一日のうち、4杯(12g)~10杯(30g)もお茶を飲むなんて、静岡県民じゃあるまいし、ありえない話だろ。
今後の期待としては、お茶としての展開ではなくて、安価で大量に出来るなら、機能性食品への加工用として増えてくれればいいなと思います。
でも、お茶としておいしいなら、それでもいいな・・・
べにふうき紅茶みたいに、優れた特徴を持ってくれることを、ちょっと願ってます。

-お茶

執筆者:

関連記事

no image

ある紅茶専門店にまつわる創業伝説と偉人創業者②

ルピシア(旧社名レピシエ)は、サイトではこう書いてあります。 平成6年8月株式会社レピシエ設立 /千駄ヶ谷店オープン/同時期より通信販売、FC展開を開始 平成8年7月本店を東京都渋谷区千駄ヶ谷1-28 …

no image

『茶イダー』だと??!

静岡の茶コーラ 金沢の棒茶サイダー 際物茶製品を飲んでまいりましたが、 まだあったようです。 次は愛知です。 抹茶の産地、西尾の茶サイダー(茶イダー) サイダーに抹茶を入れた製品らしいです。 去年の8 …

no image

ルピシア・グランマルシェ2010@大阪

と、言うわけで、 月末紅茶イベント第一弾。 ルピシア・グランマルシェ2010に行ってきました。 (初めてサイトでみたとき、”グランマルニエ”と見えてしまった・・・orz) 祭典というか、ルピシアの即売 …

no image

お茶とは、『理解すること』そして『体験すること』

なんて、書いたら、ある特定の人から 『宗教みたいやな』 って、言われそうです。 (そういう人は、相当、頭のいい人に限られますが) 日ごろから、お茶ばかり飲んでる僕ですが、 ふと、原点に振り返り、『理解 …

no image

お茶のある風景

先日ネタにもしましたが、人間の口に入るものの行動のパターンは、食→飲です。 食のプロセスの中で、『煮だした汁が飲める』と解釈して、それを飲むという行動。 お茶でも、本来はそういうプロセスをたどったので …

アーカイブ