べにふうき

東京では飛んだみたいですね。

投稿日:2011年2月19日

関西では、週末ぐらいから飛ぶそうです。
何の話でしょうか。
答えは、誰かがコメントで書いてくださるでしょうね。
で、それが飛ぶことによって発生する経済損失を算出した人がいます。
第一生命経済研究所の計算(2005年時点)では、
対策による経済効果        :452億円
症状による3ヶ月間の経済的損失 :5399億円
だそうです。
くわしくは、こちらに
いくら、消費を促すことによる経済効果があっても、それを10倍以上の損失があってはね・・・
さらに、治療費には2,860億円かかり、労働損失が650億円だそうです。
前にも書きましたが、べにふうきで、一人3g/日で100日分300g。
(一日32mgのメチル化カテキンがとれる量です)
金額に直せば、基準価格100g:1000円で、100日で3000円。
(探せば今でもこの金額に近い物を買えますが、残念ながら今はまだ1.5倍~2倍くらいかかります)
対象人数が日本に2600万人いるといわれてますので、3000円×2600万=780億。
対策に寄る経済効果と少し多いくらいの金額で、日本の対象人数すべてをカバーできます。
しかも、それは症状を抑えるという効果が証明されてるもの。
経済損失が、20%~30%ほど抑えられる(1000億~1500億円)ものです
(鼻かみ回数が20%~30%ぐらい抑えられることによる)
一般的になれば、みんな苦しむ割合いが減らせるのに、
認知度は低く、生産量もすくない。
今年も、症状に苦しむ人が多数でるでしょうね。
僕は今年は、本当に症状が抑えられるのか自分で実験する年になります。
ちょっと、ドキドキ・・・・

-べにふうき

執筆者:

関連記事

no image

存在意義を考える

ご存知の方が多いと思いますが、 僕は『べにふうきの拡散人』です。 (※自営業:国産紅茶情報屋) 特に研究家というわけでも、農家というわけでもないです。 立場上、『売る人』ということです。 (全く、商売 …

no image

さすが、製薬会社。やることが細かい。

さてさて、近所でまたべにふうき製品を見つけました。 粉末のべにふうき。 作ってるのが、製薬会社の『ワシのマークの大正製薬』 タイトルに、『やることが細かい』と書いたのは、 べにふうきと一緒にすると効果 …

no image

今日初めて『緑茶に砂糖を入れる欧米人の気持ち』がわかった。

前から書いてますように、 べにふうきに『抗アレルギー効果』を期待するなら、決まった淹れ方があります。 おさらいです。 ①お湯を沸騰させる②茶葉を入れて、煮立たせる(500mlに対し、3gがオススメ)③ …

no image

今回ばかりは、お茶を嗜好品と捉えずに、健康食品か薬と考えるほうが妥当になる。

昨日『花粉症に効く、お茶』として、”べにふうき”と紹介しました。 その成分の”『メチル化カテキン』が効く”と書き、詳しい説明は、次回に投げました。 そう、今がその次回です。 そもそも、お茶は、カテキン …

no image

ちゃんと、伝わったかな・・・

予告どおり、嫁のお母さん(お義母さん)に、 べにふうきの『花粉症に効く淹れ方』をレクチャーしてきました。 もちろん、手ぶらで行ったわけじゃなくて、 ”べにふうき”・”生姜”・”オリゴ糖”と、3点セット …

アーカイブ