べにふうき

東京では飛んだみたいですね。

投稿日:2011年2月19日

関西では、週末ぐらいから飛ぶそうです。
何の話でしょうか。
答えは、誰かがコメントで書いてくださるでしょうね。
で、それが飛ぶことによって発生する経済損失を算出した人がいます。
第一生命経済研究所の計算(2005年時点)では、
対策による経済効果        :452億円
症状による3ヶ月間の経済的損失 :5399億円
だそうです。
くわしくは、こちらに
いくら、消費を促すことによる経済効果があっても、それを10倍以上の損失があってはね・・・
さらに、治療費には2,860億円かかり、労働損失が650億円だそうです。
前にも書きましたが、べにふうきで、一人3g/日で100日分300g。
(一日32mgのメチル化カテキンがとれる量です)
金額に直せば、基準価格100g:1000円で、100日で3000円。
(探せば今でもこの金額に近い物を買えますが、残念ながら今はまだ1.5倍~2倍くらいかかります)
対象人数が日本に2600万人いるといわれてますので、3000円×2600万=780億。
対策に寄る経済効果と少し多いくらいの金額で、日本の対象人数すべてをカバーできます。
しかも、それは症状を抑えるという効果が証明されてるもの。
経済損失が、20%~30%ほど抑えられる(1000億~1500億円)ものです
(鼻かみ回数が20%~30%ぐらい抑えられることによる)
一般的になれば、みんな苦しむ割合いが減らせるのに、
認知度は低く、生産量もすくない。
今年も、症状に苦しむ人が多数でるでしょうね。
僕は今年は、本当に症状が抑えられるのか自分で実験する年になります。
ちょっと、ドキドキ・・・・

-べにふうき

執筆者:

関連記事

no image

べにふうきの現状

と、いままで、散々べにふうきのことを書いて参りましたが、 ※べにふうき擬人化イメージ絵 『じゃ、日本国内で、どういう状況やねん』 という、話になると思います。 日本国内、茶園は3万1300ha、生産量 …

no image

ぞくぞく見つかる近所のべにふうき販売店

今日は、家の予定も含めて、何店舗か店を見てみました。 近所にジャスコが2店舗あるんですが、四条通沿いのジャスコにも、 五条においてある”べにふうき”がおいてありました。 あと、気になるのは、薬局・・・ …

no image

紅茶の、国産と”外”国産

予告してたと言えば、予告してまいた。 予告では、『どう考えても、べにふうきが一番になってしまう』ようなこと書きましたが 淹れて、飲んで、確認したら、意外と冷静になれました。 (味覚の理性的判断は、感情 …

no image

『花粉が去年の5~10倍の飛散量』だとわかってながら、真っ向から受けてたつ俺って何?

『2011年の花粉飛散量、10年の5~10倍!』 (@関西) というニュースをごらんになられたことはあると思います。 「え??去年の5倍~10倍??」 ただ、2010年は非常に少なく平年以下で、 実際 …

no image

実は、直接他人に教えに行くのは初めてです。

嫁様との会話で、 『お母さんが、花粉症ひどいから、 例のお茶教えに行ってきたら?』 という提案(命令)によって、 お義母さんにべにふうきの淹れ方を直接教えに行くことになりました。 11月から、あれだけ …

アーカイブ