お茶 紅茶の淹れ方

正直、いつも淹れるのをためらうが、淹れないとなくならない。

投稿日:2011年2月17日

なら、捨てれよと・・・
いや・・・
どんなものでも、一度は、チャレンジする義務があるんじゃないかと・・・
いつも、思うわけですね。
見た瞬間に、味が想像できて、もう、どうしようか散々悩んだんですが、
一度、諦めて淹れることにしました。
京都紅茶道部-セ・パフェ1
このお茶です。
正確には、『お茶』じゃありません。
ハーブティーです。
しかも、ただのハーブティーじゃないです。
袋の正面には・・・
『ハイビスカス、ローズヒップにカシスをブレンドした体に優しいハーブティーです』
と。
確かに、やさしいのかもしれませんが
僕には、やさしくありません。
うだうだ文句言っても始まらないので、開けてみます。
京都紅茶道部-セ・パフェ2
いろんなものが、どこからどこまでも入ってる・・・
詳細は
・ハイビスカス
・ロ-ズヒップ
・ドライカシス
・ドライブルーベリー
・レモングラス
・ストロベリーリーフ
・ローズレッド
まあ、想像がつかねえ・・・
でも、乗り気になれねえ・・・・
お湯を
京都紅茶道部-セ・パフェ3
汲みまして
京都紅茶道部-セ・パフェ4
リーフを入れまして
京都紅茶道部-セ・パフェ5
沸騰させまして
京都紅茶道部-セ・パフェ6
濾しまして
京都紅茶道部-セ・パフェ7
出来上がり。
なんですが、淹れてる段階から、あのすっぱいにおいが充満しつつあり、
耳の奥が痛くなる感じに襲われてます。
カップに入れると
京都紅茶道部-セ・パフェ8
こんな感じ。
(って、見づれえな)
さて、さっきから、散々乗り気じゃない原因。
なんでしょうか・・・
それは、ローズヒップハイビスカスです。
あの異常なまでの酸味。
あんなものを美味しいと言って飲んでる人の気が知れない。
このあと通常ではありえない量のオリゴ糖を入れて、なんとか飲みました。
一種の拷問だ・・・・・・・
(最悪のバツゲームだ)

-お茶, 紅茶の淹れ方

執筆者:

関連記事

no image

牛乳のほかに入れるもの

最初にお断りしておきます。 今回は、便乗記事です。 何に、便乗したかと言うと、 最近ヘビーローテーションで読ませていただいている、 紅茶サイト Tea for Life別館さん リンク先が、すでにその …

no image

大阪で!

毎年恒例(らしい)のですが、 日本紅茶協会主催の 『ティーアドバイザー養成研修』 があるそうです。 日時は、9月6日・13日・20日の10:00~16:00(各々火曜日) 認定試験は27日です。 これ …

no image

ええ!猫ですよ!そりゃ、猫ですよ!! ※紅茶の話です

なぜか大体、ブログの資料を作ってるので、夜遅くなる傾向の僕です。 昨日(10/15)、嫁様が仕事に行きがけに起こしに来て、 「どうせ、今日は、紅茶買いに行くんでしょ」 と・・・ ええ!! 行きますとも …

no image

地球上で淹れるのが最も難しいお茶

と言うことで、今年最後に淹れるのは です。 静岡に行った時に買ってきた、『宇治茶』の玉露で、 20g1000円でした。 お茶は、『100g~円』という言い方をするのが一般的なので、 100gだと、50 …

no image

日本茶の淹れ方、わかりますか?

【日本茶を淹れる前に】 で、うだうだ言い続けてた、『日本茶の淹れ方』です。 今まで、日本茶の淹れ方を避けてきたとおり、 紅茶と違って制限がたくさんあります。 紅茶→100℃で3分以上でOK 緑茶→・一 …

アーカイブ