お茶 紅茶の淹れ方

正直、いつも淹れるのをためらうが、淹れないとなくならない。

投稿日:2011年2月17日

なら、捨てれよと・・・
いや・・・
どんなものでも、一度は、チャレンジする義務があるんじゃないかと・・・
いつも、思うわけですね。
見た瞬間に、味が想像できて、もう、どうしようか散々悩んだんですが、
一度、諦めて淹れることにしました。
京都紅茶道部-セ・パフェ1
このお茶です。
正確には、『お茶』じゃありません。
ハーブティーです。
しかも、ただのハーブティーじゃないです。
袋の正面には・・・
『ハイビスカス、ローズヒップにカシスをブレンドした体に優しいハーブティーです』
と。
確かに、やさしいのかもしれませんが
僕には、やさしくありません。
うだうだ文句言っても始まらないので、開けてみます。
京都紅茶道部-セ・パフェ2
いろんなものが、どこからどこまでも入ってる・・・
詳細は
・ハイビスカス
・ロ-ズヒップ
・ドライカシス
・ドライブルーベリー
・レモングラス
・ストロベリーリーフ
・ローズレッド
まあ、想像がつかねえ・・・
でも、乗り気になれねえ・・・・
お湯を
京都紅茶道部-セ・パフェ3
汲みまして
京都紅茶道部-セ・パフェ4
リーフを入れまして
京都紅茶道部-セ・パフェ5
沸騰させまして
京都紅茶道部-セ・パフェ6
濾しまして
京都紅茶道部-セ・パフェ7
出来上がり。
なんですが、淹れてる段階から、あのすっぱいにおいが充満しつつあり、
耳の奥が痛くなる感じに襲われてます。
カップに入れると
京都紅茶道部-セ・パフェ8
こんな感じ。
(って、見づれえな)
さて、さっきから、散々乗り気じゃない原因。
なんでしょうか・・・
それは、ローズヒップハイビスカスです。
あの異常なまでの酸味。
あんなものを美味しいと言って飲んでる人の気が知れない。
このあと通常ではありえない量のオリゴ糖を入れて、なんとか飲みました。
一種の拷問だ・・・・・・・
(最悪のバツゲームだ)

-お茶, 紅茶の淹れ方

執筆者:

関連記事

no image

『お茶を飲む』という行為に資格が必要なのか?

基本的には、僕は『お茶の資格』なるものは取る予定はありません。 (『お茶の先生』というわけの分からないものになるつもりはないので) ただ、団体があるとその分だけ 『認定資格』なるものがあるのが、 この …

no image

お茶の保存の違い

『この頃緑茶の消費に必死です』 みこどんです。この始まり方は、何年も前のダイエットか保険のブログだった時代にやったんですが、全部消しました。だって、もう、お茶のブログですからね。 □保存の違い お茶と …

no image

思いの外、まだ暑かった・・・

涼しくなるかな・・・ と、高を括ってたら、思いの外暑いという事実。 台風が来てるんで、もしかしたら今日からまた涼しくなるのかなと 淡い期待を持ってます。 (8月中盤、台風一過のあと、数日涼しかったです …

no image

あれ?お茶の世界組織ってなかったんけ?

6月の吉田山大茶会で知りました台湾のお茶をご紹介されているshizuさんのブログで、『ITFA』という団体の紹介がされてました。 ITFAというのは、International Tea Farm Al …

太田園さんちの紅茶2018 -2

【静岡県】カネタ太田園: 太田園さんちの紅茶2018

【 太田園さんちの紅茶2018 この紅茶について】 この紅茶は2018年の吉田山大茶会で購入しました。 毎年購入しているので、この紅茶の経年確認ができるくらいです。 過去の試飲記事がありますのでぜひ合 …

アーカイブ