お茶 紅茶の淹れ方

正直、いつも淹れるのをためらうが、淹れないとなくならない。

投稿日:2011年2月17日

なら、捨てれよと・・・
いや・・・
どんなものでも、一度は、チャレンジする義務があるんじゃないかと・・・
いつも、思うわけですね。
見た瞬間に、味が想像できて、もう、どうしようか散々悩んだんですが、
一度、諦めて淹れることにしました。
京都紅茶道部-セ・パフェ1
このお茶です。
正確には、『お茶』じゃありません。
ハーブティーです。
しかも、ただのハーブティーじゃないです。
袋の正面には・・・
『ハイビスカス、ローズヒップにカシスをブレンドした体に優しいハーブティーです』
と。
確かに、やさしいのかもしれませんが
僕には、やさしくありません。
うだうだ文句言っても始まらないので、開けてみます。
京都紅茶道部-セ・パフェ2
いろんなものが、どこからどこまでも入ってる・・・
詳細は
・ハイビスカス
・ロ-ズヒップ
・ドライカシス
・ドライブルーベリー
・レモングラス
・ストロベリーリーフ
・ローズレッド
まあ、想像がつかねえ・・・
でも、乗り気になれねえ・・・・
お湯を
京都紅茶道部-セ・パフェ3
汲みまして
京都紅茶道部-セ・パフェ4
リーフを入れまして
京都紅茶道部-セ・パフェ5
沸騰させまして
京都紅茶道部-セ・パフェ6
濾しまして
京都紅茶道部-セ・パフェ7
出来上がり。
なんですが、淹れてる段階から、あのすっぱいにおいが充満しつつあり、
耳の奥が痛くなる感じに襲われてます。
カップに入れると
京都紅茶道部-セ・パフェ8
こんな感じ。
(って、見づれえな)
さて、さっきから、散々乗り気じゃない原因。
なんでしょうか・・・
それは、ローズヒップハイビスカスです。
あの異常なまでの酸味。
あんなものを美味しいと言って飲んでる人の気が知れない。
このあと通常ではありえない量のオリゴ糖を入れて、なんとか飲みました。
一種の拷問だ・・・・・・・
(最悪のバツゲームだ)

-お茶, 紅茶の淹れ方

執筆者:

関連記事

no image

新茶のシーズン、2013年今年の傾向

5月もGWが終わりまして、先月末あたりから静岡を始め色んなお茶の産地から新茶のお知らせが届いている時期かと思います。個人的には緑茶のサンプルよりも紅茶が欲しいのですが、まあそこは茶園さんが機械的に過去 …

no image

『茶イダー』だと??!

静岡の茶コーラ 金沢の棒茶サイダー 際物茶製品を飲んでまいりましたが、 まだあったようです。 次は愛知です。 抹茶の産地、西尾の茶サイダー(茶イダー) サイダーに抹茶を入れた製品らしいです。 去年の8 …

no image

福袋を買ってから、4ヶ月ぐらい経ってます。

購入したのが、確か、今年の1月だったはずです。 これ。 KALDIの福袋に入ってた、フォンダンショコラのフレーバーティーです。 大体、チョコの香りなんだなと思いながら、他のお茶の消化を先にしており、 …

no image

お茶が旨いというだけでアップしたくなるお茶

今、絶賛?公開中の2011年吉田山大茶会の記事の途中ですが、 ここで買ったお茶をご紹介 明前獅峰龍井献上茶というのなんですが、 当日飲んだ時、そこまで味も香りもしてませんでした。 茶藝館かぎろひの店主 …

no image

【季節なので】インフルエンザに効く緑茶の飲み方

過去の記事にもちょこちょこと書いていたような気はしますが、多分誰も読み返さないだろうし、思い出しもしないでしょうから、改めて書くことにします。 まず、『インフルエンザに茶カテキンは効く』ことは事実です …

アーカイブ