お茶 紅茶の淹れ方

正直、いつも淹れるのをためらうが、淹れないとなくならない。

投稿日:2011年2月17日

なら、捨てれよと・・・
いや・・・
どんなものでも、一度は、チャレンジする義務があるんじゃないかと・・・
いつも、思うわけですね。
見た瞬間に、味が想像できて、もう、どうしようか散々悩んだんですが、
一度、諦めて淹れることにしました。
京都紅茶道部-セ・パフェ1
このお茶です。
正確には、『お茶』じゃありません。
ハーブティーです。
しかも、ただのハーブティーじゃないです。
袋の正面には・・・
『ハイビスカス、ローズヒップにカシスをブレンドした体に優しいハーブティーです』
と。
確かに、やさしいのかもしれませんが
僕には、やさしくありません。
うだうだ文句言っても始まらないので、開けてみます。
京都紅茶道部-セ・パフェ2
いろんなものが、どこからどこまでも入ってる・・・
詳細は
・ハイビスカス
・ロ-ズヒップ
・ドライカシス
・ドライブルーベリー
・レモングラス
・ストロベリーリーフ
・ローズレッド
まあ、想像がつかねえ・・・
でも、乗り気になれねえ・・・・
お湯を
京都紅茶道部-セ・パフェ3
汲みまして
京都紅茶道部-セ・パフェ4
リーフを入れまして
京都紅茶道部-セ・パフェ5
沸騰させまして
京都紅茶道部-セ・パフェ6
濾しまして
京都紅茶道部-セ・パフェ7
出来上がり。
なんですが、淹れてる段階から、あのすっぱいにおいが充満しつつあり、
耳の奥が痛くなる感じに襲われてます。
カップに入れると
京都紅茶道部-セ・パフェ8
こんな感じ。
(って、見づれえな)
さて、さっきから、散々乗り気じゃない原因。
なんでしょうか・・・
それは、ローズヒップハイビスカスです。
あの異常なまでの酸味。
あんなものを美味しいと言って飲んでる人の気が知れない。
このあと通常ではありえない量のオリゴ糖を入れて、なんとか飲みました。
一種の拷問だ・・・・・・・
(最悪のバツゲームだ)

-お茶, 紅茶の淹れ方

執筆者:

関連記事

no image

ワタシにお茶を語らせるとは!!

 ブログネタ:どのお茶が好き? 参加中 実は、”どの”といわれると、大変困ったりします。日ごろは、紅茶を手鍋で淹れて、ミルクティーにしてます。 手順・手鍋にティーサーバーいっぱい(約700m …

no image

今日は、小雨が降って、助かってます。

ホントに暑いです。多分昨日まで、街中は37~8度あったんじゃなかったんでしょうか・・・ そんななか、ついに、エベレスト・チャイがなくなりました。 買った当初は、 「まあ、しばらく、ヘビーローテーション …

no image

初じゃ~!初じゃ~!紅茶が入荷された~!

去年、『紅茶の試飲会で美術館に行ったのに、なぜか和服の女性が多数でびっくらこいた』という物議を呼んだ、『加賀の紅茶』の今年の分が販売決定されたとメールが来ました。 発売日は、昨日9月30日。相変わらず …

no image

帰ってきた『国産紅茶でアイスティーを淹れよう』

【夏に向くアイスティー】 去年の7月こういう記事を書きました。 国産紅茶でアイスティーを淹れよう 夏向けに、普段美味しくないと思われる緑茶品種の国産紅茶はアイスティーにしてしまおう。って内容でした。 …

no image

行って来ます。

ルピシアのダージリンフェス行って来ます。 多分東京のと同じレイアウトだと思うんですが、 まあ、基本『試飲だけしまくって』帰ってきます。 多分、中の様子を写真で撮れると思います。 (カメラを忘れなければ …

アーカイブ