お茶 紅茶の淹れ方

正直、いつも淹れるのをためらうが、淹れないとなくならない。

投稿日:2011年2月17日

なら、捨てれよと・・・
いや・・・
どんなものでも、一度は、チャレンジする義務があるんじゃないかと・・・
いつも、思うわけですね。
見た瞬間に、味が想像できて、もう、どうしようか散々悩んだんですが、
一度、諦めて淹れることにしました。
京都紅茶道部-セ・パフェ1
このお茶です。
正確には、『お茶』じゃありません。
ハーブティーです。
しかも、ただのハーブティーじゃないです。
袋の正面には・・・
『ハイビスカス、ローズヒップにカシスをブレンドした体に優しいハーブティーです』
と。
確かに、やさしいのかもしれませんが
僕には、やさしくありません。
うだうだ文句言っても始まらないので、開けてみます。
京都紅茶道部-セ・パフェ2
いろんなものが、どこからどこまでも入ってる・・・
詳細は
・ハイビスカス
・ロ-ズヒップ
・ドライカシス
・ドライブルーベリー
・レモングラス
・ストロベリーリーフ
・ローズレッド
まあ、想像がつかねえ・・・
でも、乗り気になれねえ・・・・
お湯を
京都紅茶道部-セ・パフェ3
汲みまして
京都紅茶道部-セ・パフェ4
リーフを入れまして
京都紅茶道部-セ・パフェ5
沸騰させまして
京都紅茶道部-セ・パフェ6
濾しまして
京都紅茶道部-セ・パフェ7
出来上がり。
なんですが、淹れてる段階から、あのすっぱいにおいが充満しつつあり、
耳の奥が痛くなる感じに襲われてます。
カップに入れると
京都紅茶道部-セ・パフェ8
こんな感じ。
(って、見づれえな)
さて、さっきから、散々乗り気じゃない原因。
なんでしょうか・・・
それは、ローズヒップハイビスカスです。
あの異常なまでの酸味。
あんなものを美味しいと言って飲んでる人の気が知れない。
このあと通常ではありえない量のオリゴ糖を入れて、なんとか飲みました。
一種の拷問だ・・・・・・・
(最悪のバツゲームだ)

-お茶, 紅茶の淹れ方

執筆者:

関連記事

no image

女性はなぜアールグレイが好きなのか、未だによくわからない。

基本、 アールグレイは、好きなほうじゃありません。 好きなのは、 麦茶のようにグイグイ飲めるお茶 です。 結果、アッサムとか一部のセイロンとか、 ミルクティーにして飲むようなのが好きです。 もともと、 …

no image

豪快にしくじってしまった。

お茶を淹れる時、鍋かやかんで沸かすんですが、 この頃は、 『紅茶は魔法瓶で、緑茶は急須で、中国茶は蓋碗で』 というふうにしてるため、 まるっきし、鍋の役目が無くなってしまいました。 で、いつものように …

no image

今年中に使わないといけないお茶

平たく言うと、賞味期限の問題です。ただ、過去の実証から、真空パックがしっかりしている物は、別に超えても問題ないということはわかってますが、気分かな・・・で、ちとリストアプしてみますと ・キャッスルトン …

no image

急須のない家が増えている

いろんなところでネタになってますね。『急須のない家が増えている』ペットボトル以前は、お茶といえば急須が必要だと『言われてきました』 あえてかぎかっこ付けにしたのは、あっても使わない家が多いだろうと思っ …

no image

紅茶セミナー

行ってきました。 今日の講師でした、紅茶工房レジーナのオーナー中村さんは、日本最初のティーハウスMUSICAのオーナーさんのお弟子さんだったんですね。 知らなかった・・・ ちょこっと、話したんですが、 …

アーカイブ