お茶

事の発端は、ツイッターです。

投稿日:2011年2月15日

先日、ツイッターで
『この前買ったMFの本、期待はずれだった』
という書き込みがありました。
最初、何のことか分からないまま、
『紅茶業界は、1kg数ドル(数百円)の茶葉を100g千数百円で売る業界だから、そのくらいのぼったくりは普通にあるんじゃないですが』
と、的外れの答えをしてました。
ただ、数人とチャットが進むにつれ、
『100円だして、広告を買ってしまったみたいだ』
『ただ、トートバックは使える』
『いろいろスコーン作ってるけど、あの作り方はすばらしい』
『スコーンと紅茶シロップのレシピと考えれば、良い買い物かもしれない』

などなど、発言が続き、恥を忍んで、どのような本か聞いて、買ってきました。
それが
京都紅茶道部-マリアージュフレール本1
マリアージュ フレール”の本です。
(トートバック付き)
表紙裏には、谷川俊太郎の書き下ろしの詩。
”欧風大好き”な人には、たまらない仕様です。
京都紅茶道部-マリアージュフレール本2
裏側には、バックが入った箱があり
京都紅茶道部-マリアージュフレール本3
このようなトートバック
京都紅茶道部-マリアージュフレール本4
嫁様からタバコを借りて、サイズ比較。
弁当袋にはちょうど良いサイズです。(女性向き)
中見て、確かに、宣伝だらけに見えましたが、
『保温ポット』とかには、脱帽。(高いですが)
デザインがいいw
あと、推奨してるお茶の淹れ方が優雅な淹れ方をしてるのですが、
日本茶まで『1煎で終わらせてしまう淹れ方』が紹介されてます。
せめて、せめて、日本茶は3煎目まで淹れるやり方を乗せてください・・・・
ご興味のある方は、お近くの書店でお買い求めください。
アマゾンでも買えますけどね。

-お茶

執筆者:

関連記事

紅茶を飲む

レピシエ (現ルピシア)~とある紅茶専門店の創業伝説と偉人創業者①

レピシエ (現ルピシア)20世紀末に日本の紅茶を変えた専門店 レピシエ (現ルピシア)は、2020年現在、日本最大の紅茶専門店にして店舗を持つ茶類販売店でも日本最大の会社です。 レピシエ (現ルピシア …

no image

びっくりするほど少ないのが『日本茶関係のブログ』

先日の記事でも書いてありましたが、 現在、アメブロ内のお茶ブログを収集中です。 収集しているのは ・日本茶(煎茶・ほうじ茶などなど) ・紅茶 ・中国茶です。 残念ながら、ハーブ・健康茶・抹茶は 対象外 …

no image

ノンカフェインなのはいいんだけど、独特のにおいのため好みが分かれる。

一昨日の夜に、実験的に淹れみたんです。 ルイボスティー これ(袋)には、3.5~5分と書いてあるので、 その通りにしてみました。 結果、 味がしませんw なぜかと思い、ネットで長時間検索してみましたら …

no image

TPPの検証として、『紅茶の自由化』を考える。

※今日の内容を理解出来ない人は今日は、読まないでください。 よく内容がわからないまま、TPPが議論されているみたいですが、その検証として、昭和46年に行われた紅茶の自由化を取り上げてみます。 今は、じ …

no image

猫のお店

と言っても、本当に『猫の店』ではありません。 『紅茶の猫』ということで、フランスの紅茶メーカーJANATの日本のお店です。 でも、リアルショップではありません。 WEBショップです。 正直、知りません …

アーカイブ