お茶 お茶の健康

早速、味の素のニュースに便乗します。

投稿日:2011年2月11日

『アミノ酸摂取で免疫向上
=スポーツや手術後の回復に効果-味の素』

と言うニュースが、2/9に流れました。
その、アミノ酸とは、”シスチン””テアニン”です。
多分、何回もごらんになってる方々は、ピンときてるでしょう。
一応、説明です。
シスチン:肉類に多く含まれるアミノ酸
テアニン:茶に多く含まれるアミノ酸

過去に何回も書いてます、『お茶に含まれるアミノ酸』→”テアニン”です。
今回、味の素がどうしたのかというと、
『東大や仙台オープン病院との共同研究で、【アミノ酸シスチン・テアニンのスポーツ時・手術後の早期体調回復効果を発見!】をした』
と言うことです。
詳しい仕組みは、リンク先で確認して欲しいんですが、ざくっと書きますと、
・スポーツや手術で肉体が欠損する

・シスチンとテアニンと摂らせる

・回復が早い

ということです。
(スポーツは、肉体を酷使して筋肉が小さな分断をさせられことにより、
その再生で筋肉が強くなっていきます)
もちろん、味の素は、ただ単にそういう発表をしてるわけじゃないです。
あの、『アミノバイタル』を出してる会社です。
『抵抗活力アミノ酸』という商品を出してます。
手術をした後にどうぞ、といっても、そんなにも手術をすることはないでしょう。
ですから、スポーツをする人や成長期の子供を持ってる人にオススメします。
『抵抗活力アミノ酸』ではなく、シスチンとテアニンを効果的に取り入れること。

つまり、普段の食事に
シスチン→肉類
テアニン→お茶
(しかも、玉露やかぶせ茶がオススメだけど、煎茶でも可)

を一緒に摂って下さい。
お茶は、アミノ酸を効果的に出すためにも、
1煎目は『60℃~70℃』で、
『甘いお茶』を淹れてください。

さらに、一緒に検索してたら、このセットは、
インフルエンザにも効果があることが判明してました。
(インフルエンザウイルス感染に対する抵抗力を増強)
インフルエンザには、『肉とお茶』
これも、付け加えるといいでしょうね。
(覚えておこう)
ちなみに、味の素の『シスチン・テアニン』関係の研究結果は、味の素のホームページにて公開されてます。

-お茶, お茶の健康

執筆者:


  1. よう☆ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。(^-^)/
    インフルエンザには肉とお茶!
    合言葉か標語かって感じですね(笑)
    覚えておきます。(^_^)v

関連記事

no image

ついに入手の目処が経ちました。

今月はじめに『加賀の紅茶今期分販売』の話を書きました。野田屋さんから返信が来まして、注文が終わりました。あとは届いて振り込むだけ。 ただね・・・ べにふうきの丸子紅茶さんもそうだけど、後で振込って危な …

no image

おめでたいお茶をもらってきたらしい。

嫁が、友達の家に行って、 『引き出物で持ったやつらしいが、 向こうじゃ飲まないらしいからもらってきた』 と言って、もらってきた。 ルピシアの『寿』(ブライダルセットの片割れ) 紅茶の『ウェディング』は …

no image

ストレスを感じると苦味で解消できるのが大人だそうで

前に、『大人になると苦いものがうまく感じるようになる』という話を聞いたことがあります。原因としては、ストレスが味覚の感受性を落とし、学習で特に危険がないと認識された苦味に関してはそれが心地よさだと感じ …

no image

今日は、小雨が降って、助かってます。

ホントに暑いです。多分昨日まで、街中は37~8度あったんじゃなかったんでしょうか・・・ そんななか、ついに、エベレスト・チャイがなくなりました。 買った当初は、 「まあ、しばらく、ヘビーローテーション …

no image

『現代に繋がる』お茶のふるさと①

ちょっと、ここで歴史の勉強。 今日紹介します、『高山寺』は、日本で一番古いと言われている茶園があります。 そのいわれは、日本に『抹茶法』によるお茶を持ち帰ってきた禅宗の栄西禅師が、その実を明恵上人に伝 …

アーカイブ