お茶 お茶の健康

早速、味の素のニュースに便乗します。

投稿日:2011年2月11日

『アミノ酸摂取で免疫向上
=スポーツや手術後の回復に効果-味の素』

と言うニュースが、2/9に流れました。
その、アミノ酸とは、”シスチン””テアニン”です。
多分、何回もごらんになってる方々は、ピンときてるでしょう。
一応、説明です。
シスチン:肉類に多く含まれるアミノ酸
テアニン:茶に多く含まれるアミノ酸

過去に何回も書いてます、『お茶に含まれるアミノ酸』→”テアニン”です。
今回、味の素がどうしたのかというと、
『東大や仙台オープン病院との共同研究で、【アミノ酸シスチン・テアニンのスポーツ時・手術後の早期体調回復効果を発見!】をした』
と言うことです。
詳しい仕組みは、リンク先で確認して欲しいんですが、ざくっと書きますと、
・スポーツや手術で肉体が欠損する

・シスチンとテアニンと摂らせる

・回復が早い

ということです。
(スポーツは、肉体を酷使して筋肉が小さな分断をさせられことにより、
その再生で筋肉が強くなっていきます)
もちろん、味の素は、ただ単にそういう発表をしてるわけじゃないです。
あの、『アミノバイタル』を出してる会社です。
『抵抗活力アミノ酸』という商品を出してます。
手術をした後にどうぞ、といっても、そんなにも手術をすることはないでしょう。
ですから、スポーツをする人や成長期の子供を持ってる人にオススメします。
『抵抗活力アミノ酸』ではなく、シスチンとテアニンを効果的に取り入れること。

つまり、普段の食事に
シスチン→肉類
テアニン→お茶
(しかも、玉露やかぶせ茶がオススメだけど、煎茶でも可)

を一緒に摂って下さい。
お茶は、アミノ酸を効果的に出すためにも、
1煎目は『60℃~70℃』で、
『甘いお茶』を淹れてください。

さらに、一緒に検索してたら、このセットは、
インフルエンザにも効果があることが判明してました。
(インフルエンザウイルス感染に対する抵抗力を増強)
インフルエンザには、『肉とお茶』
これも、付け加えるといいでしょうね。
(覚えておこう)
ちなみに、味の素の『シスチン・テアニン』関係の研究結果は、味の素のホームページにて公開されてます。

-お茶, お茶の健康

執筆者:


  1. よう☆ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。(^-^)/
    インフルエンザには肉とお茶!
    合言葉か標語かって感じですね(笑)
    覚えておきます。(^_^)v

関連記事

no image

今日初めて『緑茶に砂糖を入れる欧米人の気持ち』がわかった。

前から書いてますように、 べにふうきに『抗アレルギー効果』を期待するなら、決まった淹れ方があります。 おさらいです。 ①お湯を沸騰させる②茶葉を入れて、煮立たせる(500mlに対し、3gがオススメ)③ …

no image

ちと安かったので目が止まった。

いつも、ブログを拝見してる紅茶屋さんでござい Cafe’s cafeにて 紹介されてたので、こちらでも、貼り付けることにします。 ・紅茶 ウバ アダワッテ 50g OP:347 円 ・紅茶 …

no image

金沢のレピシエ(ルピシア)にて

紅茶と煎茶の限定フレーバー。 勿論、 買いました。紅茶のほう。

no image

福袋を買ってから、4ヶ月ぐらい経ってます。

購入したのが、確か、今年の1月だったはずです。 これ。 KALDIの福袋に入ってた、フォンダンショコラのフレーバーティーです。 大体、チョコの香りなんだなと思いながら、他のお茶の消化を先にしており、 …

no image

ティーバッグの紅茶の淹れ方。3通りのその1

「ピグとも」とちょいと話をしてた時に、「ティーバッグを使う」 という話をしてたのを思い出して、 「ティーバッグの淹れ方アップしたほうがいい?」 と聞いたところ、 「寒い季節になるんで必要です」 と答え …

アーカイブ