お茶 お茶の健康

早速、味の素のニュースに便乗します。

投稿日:2011年2月11日

『アミノ酸摂取で免疫向上
=スポーツや手術後の回復に効果-味の素』

と言うニュースが、2/9に流れました。
その、アミノ酸とは、”シスチン””テアニン”です。
多分、何回もごらんになってる方々は、ピンときてるでしょう。
一応、説明です。
シスチン:肉類に多く含まれるアミノ酸
テアニン:茶に多く含まれるアミノ酸

過去に何回も書いてます、『お茶に含まれるアミノ酸』→”テアニン”です。
今回、味の素がどうしたのかというと、
『東大や仙台オープン病院との共同研究で、【アミノ酸シスチン・テアニンのスポーツ時・手術後の早期体調回復効果を発見!】をした』
と言うことです。
詳しい仕組みは、リンク先で確認して欲しいんですが、ざくっと書きますと、
・スポーツや手術で肉体が欠損する

・シスチンとテアニンと摂らせる

・回復が早い

ということです。
(スポーツは、肉体を酷使して筋肉が小さな分断をさせられことにより、
その再生で筋肉が強くなっていきます)
もちろん、味の素は、ただ単にそういう発表をしてるわけじゃないです。
あの、『アミノバイタル』を出してる会社です。
『抵抗活力アミノ酸』という商品を出してます。
手術をした後にどうぞ、といっても、そんなにも手術をすることはないでしょう。
ですから、スポーツをする人や成長期の子供を持ってる人にオススメします。
『抵抗活力アミノ酸』ではなく、シスチンとテアニンを効果的に取り入れること。

つまり、普段の食事に
シスチン→肉類
テアニン→お茶
(しかも、玉露やかぶせ茶がオススメだけど、煎茶でも可)

を一緒に摂って下さい。
お茶は、アミノ酸を効果的に出すためにも、
1煎目は『60℃~70℃』で、
『甘いお茶』を淹れてください。

さらに、一緒に検索してたら、このセットは、
インフルエンザにも効果があることが判明してました。
(インフルエンザウイルス感染に対する抵抗力を増強)
インフルエンザには、『肉とお茶』
これも、付け加えるといいでしょうね。
(覚えておこう)
ちなみに、味の素の『シスチン・テアニン』関係の研究結果は、味の素のホームページにて公開されてます。

-お茶, お茶の健康

執筆者:


  1. よう☆ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。(^-^)/
    インフルエンザには肉とお茶!
    合言葉か標語かって感じですね(笑)
    覚えておきます。(^_^)v

関連記事

no image

ガラスのポットが無くなってから

大いに割れてしまったガラスのポット。 正直、危なくて使えないので、完全に割って捨てました。 なので、ジョッキに氷をたくさん入れて 一気にアイスティーを作ってしまう作戦に出ました。 作り方は、前に書いた …

no image

蓋碗で淹れるのに、向き・不向きがあるのかと思った。

前に、お茶の棚卸しをした際に、中国茶のことで 『安いお茶と高いお茶の差がありすぎる』 というような事を書いたような気がします。 それは、値段だけでもなかったということです。 黄色の袋のいわゆる『安い茶 …

no image

美味しいお茶とは、付け加えるわけでもなく、引き出すもの

数ヶ月、いくつかの『桜の香りのお茶』の記事を書いてきました。 例えば、”桜餅の香り”とか、”桜そのものの紅茶”とか。 でも、全部『着香茶』といわれる、『あとで、何かしらの方法で香りをつけたもの』です。 …

no image

9月15日です

 『お茶』のテーマなのに、ウェブ放送の予告です。 PC版の右のスペースにも常時貼ってありますが、 ロイヤルホストのUst番組『ロイホチャンネル』にて、 ”カレルチャペック紅茶店”の社長、 山田詩子さん …

2つの天の川(羊羹の中身)

『2つの甘春堂』と『2つの天の川』

2つの『甘春堂』 京都には2つの『甘春堂』という和菓子屋さんがあります。 厳密には、2つじゃないみたいなのですが、ここは話の都合上『2つ』にしておきます。 (類似の話には、「ふたば」という和菓子屋さん …

アーカイブ