お茶 紅茶 紅茶の淹れ方

いまさら、なんであんなものを淹れたのか考えてしまう。

投稿日:2011年2月4日

事の発端は、数日前の嫁様
『今日行ってきたお店で、『塩ミルクティー』飲んできたよ』
  _, ._
( ゚ Д゚) 『塩ミルクティーとは何ぞな?』

(後日、『塩ミルクティー』ではなく、『塩”キャラメル”ミルクティー』だと判明)
ミルクティーに塩って・・・

必死に探したけど、なかなか記憶に出てこない。
検索してみたら、モンゴルの方の飲み方で、塩を入れるらしい。
でも、茶葉が、『微生物発酵させて固めた茶』の”レンガ茶”とか中国では”黒茶”と言われるものを使ってる。
日本でも、古くからのお茶で”団茶”というものがあり、それと似たような茶葉で淹れるそうな。
(団茶は、すでに日本では飲むことが出来ない文化になってます)
機会があれば、それにも挑戦してみたいのですが、今回は『塩ミルクティー』
さっそく、淹れてみました。
クックパッドにも、掲載されてますが、『淹れたお茶に塩を入れる』だけのお茶です。
淹れ方は、チャイと同じ煮出し法。
(というか、僕の通常の淹れ方)
京都紅茶道部
水を汲みまして
(通常よりも少なめ)
京都紅茶道部
沸騰させたら、茶葉(今回は味を強めに出したいので、アッサムのCTC)を投入
京都紅茶道部
弱火でコトコト3分間・・・
京都紅茶道部
牛乳入れて
京都紅茶道部
一煮立ちさせたら、
京都紅茶道部
火からおろして濾します。そして
京都紅茶道部
砂糖と
京都紅茶道部
塩を入れました。
(このときは、砂糖3;塩1)
出来上がりは、普通のミルイクティーです。
ですが・・・・
  _, ._
(;゚ Д゚) 『なんじゃ?この味は・・・』

砂糖は通常よりも多く入れてますが、まったくしない・・・
というか、完全に塩に負けてます。

ので、オリゴ糖投入。
最終的に、糖6:塩1の割合で、落ち着きました。
良い言い方をしたら、まろやか。
悪い言い方をしたら、『なんじゃ、こりゃ』

今日の結論:
塩は癖の強い茶葉の時に入れたら、
引き立つのかもしれません。
(”黒茶”とか)

もう、こういうマネはしません。
でも、モンゴルのお茶、飲んでみたいな・・・

-お茶, 紅茶, 紅茶の淹れ方

執筆者:

関連記事

no image

ネタ紅茶~それはすでに踏み固められた道だった~

ツイッターに触発されて、『普段ではありえないと思われる組み合わせ』をしてみました。 ことの発端としては・・・ 『若者の醤油離れ!?』 ↓ 『今こそ醤油紅茶でオサレな若者をゲト!』 ↓ 『◯◯ドレッシン …

no image

事の発端は、ツイッターです。

先日、ツイッターで 『この前買ったMFの本、期待はずれだった』 という書き込みがありました。 最初、何のことか分からないまま、 『紅茶業界は、1kg数ドル(数百円)の茶葉を100g千数百円で売る業界だ …

no image

ある紅茶専門店にまつわる創業伝説と偉人創業者②

ルピシア(旧社名レピシエ)は、サイトではこう書いてあります。 平成6年8月株式会社レピシエ設立 /千駄ヶ谷店オープン/同時期より通信販売、FC展開を開始 平成8年7月本店を東京都渋谷区千駄ヶ谷1-28 …

no image

ルピシア・グランマルシェ2010@大阪

と、言うわけで、 月末紅茶イベント第一弾。 ルピシア・グランマルシェ2010に行ってきました。 (初めてサイトでみたとき、”グランマルニエ”と見えてしまった・・・orz) 祭典というか、ルピシアの即売 …

no image

砂糖は先?後?

Twitterのフォロワーさんが流してくれたネタで、『ティーバッグで紅茶を飲む時の砂糖のタイミングについて』というのがありました。 それは多分、お湯→砂糖→ティーバッグとお湯→ティーバッグ→砂糖のこと …

アーカイブ