お茶 紅茶 紅茶の淹れ方

いまさら、なんであんなものを淹れたのか考えてしまう。

投稿日:2011年2月4日

事の発端は、数日前の嫁様
『今日行ってきたお店で、『塩ミルクティー』飲んできたよ』
  _, ._
( ゚ Д゚) 『塩ミルクティーとは何ぞな?』

(後日、『塩ミルクティー』ではなく、『塩”キャラメル”ミルクティー』だと判明)
ミルクティーに塩って・・・

必死に探したけど、なかなか記憶に出てこない。
検索してみたら、モンゴルの方の飲み方で、塩を入れるらしい。
でも、茶葉が、『微生物発酵させて固めた茶』の”レンガ茶”とか中国では”黒茶”と言われるものを使ってる。
日本でも、古くからのお茶で”団茶”というものがあり、それと似たような茶葉で淹れるそうな。
(団茶は、すでに日本では飲むことが出来ない文化になってます)
機会があれば、それにも挑戦してみたいのですが、今回は『塩ミルクティー』
さっそく、淹れてみました。
クックパッドにも、掲載されてますが、『淹れたお茶に塩を入れる』だけのお茶です。
淹れ方は、チャイと同じ煮出し法。
(というか、僕の通常の淹れ方)
京都紅茶道部
水を汲みまして
(通常よりも少なめ)
京都紅茶道部
沸騰させたら、茶葉(今回は味を強めに出したいので、アッサムのCTC)を投入
京都紅茶道部
弱火でコトコト3分間・・・
京都紅茶道部
牛乳入れて
京都紅茶道部
一煮立ちさせたら、
京都紅茶道部
火からおろして濾します。そして
京都紅茶道部
砂糖と
京都紅茶道部
塩を入れました。
(このときは、砂糖3;塩1)
出来上がりは、普通のミルイクティーです。
ですが・・・・
  _, ._
(;゚ Д゚) 『なんじゃ?この味は・・・』

砂糖は通常よりも多く入れてますが、まったくしない・・・
というか、完全に塩に負けてます。

ので、オリゴ糖投入。
最終的に、糖6:塩1の割合で、落ち着きました。
良い言い方をしたら、まろやか。
悪い言い方をしたら、『なんじゃ、こりゃ』

今日の結論:
塩は癖の強い茶葉の時に入れたら、
引き立つのかもしれません。
(”黒茶”とか)

もう、こういうマネはしません。
でも、モンゴルのお茶、飲んでみたいな・・・

-お茶, 紅茶, 紅茶の淹れ方

執筆者:

関連記事

no image

国産の緑茶以外の試飲会

ということで、無事に試飲会終わりました。予告させていただいてましたとおり、『国産の緑茶以外の試飲会』をさせて頂きました。 今回は、4人の参加。みんなTwitterつながり。(助かった・゚・(つД`)・ …

no image

ようやく、伊勢茶

※この記事は過去に書いた『伊勢旅行記』の続きでした。該当記事はすでにありません。 あの山盛り伊勢茶詰め合わせ詰め放題 から随分放置してました。 と言っても、全く手を付けなかったわけじゃないです。 ちゃ …

no image

お茶ブログの人はみんな、今日のブログタイトルは『今日は紅茶の日です』です。

なので、基本天邪鬼な僕はこう言います。 今日は古典の日です!※古典の日 お茶ブログ主なのに、あえて別のアプローチ! でも古典の日のネタはここまでです。 今日は、ロシアに漂流した大黒屋光太夫が、ロシア帝 …

no image

ノンカフェインなのはいいんだけど、独特のにおいのため好みが分かれる。

一昨日の夜に、実験的に淹れみたんです。 ルイボスティー これ(袋)には、3.5~5分と書いてあるので、 その通りにしてみました。 結果、 味がしませんw なぜかと思い、ネットで長時間検索してみましたら …

no image

お茶の保存の違い

『この頃緑茶の消費に必死です』 みこどんです。この始まり方は、何年も前のダイエットか保険のブログだった時代にやったんですが、全部消しました。だって、もう、お茶のブログですからね。 □保存の違い お茶と …

アーカイブ