お茶

まあ、同じ木なんだからあっても不思議じゃないわな。

投稿日:2011年2月2日

この頃、ちょくちょく拝見させていただいてもらってる、お茶屋@和さんのブログにて、
『玉露かりがね』というのが、紹介されてたので、転載させていただきました。
ま、玉露もお茶の木なので、通常の煎茶にある『かりがね(茎茶)』がないのは、おかしいかな。
通常、玉露栽培(前にも紹介しましたが、覆いをしてアミノ酸を増やす方法)した茶木は、
葉を玉露に使い、茎をほったらかしてるわけではないでしょう。
ただ、市場に出回ってるのは、初めてみました。
(糸より玉露のような玉露の生産過程で出るものもありますが)
※糸より玉露→生産は兵庫・京都なのに販売が金沢。『良縁堂 茶楽』さんにて販売してます。
値段も、玉露は大体、100g2500円以上、確かなのは5000円以上するのに、
かりがねでの扱いが、40g500円(100gあたり1250円)。
正直、お買い得です。
(100gあたり1250円は、ダージリンの高級品の入り口の値段です)
かりがねとはいえ、アミノ酸含有量が多いので、一煎目の温度は気をつけないといけませんが、
いきなり、100g5000円の玉露にアタックする前に、練習としていいかもしれません。
(お買い求めは、お茶屋@和まで)
久々に、糸より玉露でも淹れようかな。
ただ、メーカー推奨賞味期限、楽勝で過ぎてんだよな・・・
(メーカー推奨:お買い上げ3ヶ月、現在買い上げ11ヶ月目)

-お茶

執筆者:

関連記事

no image

年末の話ですが。(しかもテレ東系列限定)

12/31のお昼に、テレビ東京系列で、 揺るぎなき先人 茶聖 千利休 という、番組が放送されます。 (無論、録画予約してます) 茶道楽(飲むほう専門)としては、どうしても、避けられない人物です。 戦国 …

no image

お茶ブログの人はみんな、今日のブログタイトルは『今日は紅茶の日です』です。

なので、基本天邪鬼な僕はこう言います。 今日は古典の日です!※古典の日 お茶ブログ主なのに、あえて別のアプローチ! でも古典の日のネタはここまでです。 今日は、ロシアに漂流した大黒屋光太夫が、ロシア帝 …

no image

ティーバッグの紅茶の淹れ方。3通りのその3:ファミレスでの美味しい紅茶の淹れ方

その3です。1は電子レンジ2は鍋と紹介させていただきました。 で、「ほかになにがあるの?」と思われるかもしれません。 残ってますよ。あとひとつの方法。 カップで淹れる方法。 「今まで散々、カップで淹れ …

no image

女性はなぜアールグレイが好きなのか、未だによくわからない。

基本、 アールグレイは、好きなほうじゃありません。 好きなのは、 麦茶のようにグイグイ飲めるお茶 です。 結果、アッサムとか一部のセイロンとか、 ミルクティーにして飲むようなのが好きです。 もともと、 …

no image

台風一過の微妙な距離感

台風が過ぎて、お天気がいいのですが、 寒いのか暑いのかはっきりしないため、どういうお茶を淹れようか悩んでます。 暑いなら、冷たいウーロン茶。 寒いなら、ホットのミルクティー。 でも、そのどちらでもない …

アーカイブ