お茶

まあ、同じ木なんだからあっても不思議じゃないわな。

投稿日:2011年2月2日

この頃、ちょくちょく拝見させていただいてもらってる、お茶屋@和さんのブログにて、
『玉露かりがね』というのが、紹介されてたので、転載させていただきました。
ま、玉露もお茶の木なので、通常の煎茶にある『かりがね(茎茶)』がないのは、おかしいかな。
通常、玉露栽培(前にも紹介しましたが、覆いをしてアミノ酸を増やす方法)した茶木は、
葉を玉露に使い、茎をほったらかしてるわけではないでしょう。
ただ、市場に出回ってるのは、初めてみました。
(糸より玉露のような玉露の生産過程で出るものもありますが)
※糸より玉露→生産は兵庫・京都なのに販売が金沢。『良縁堂 茶楽』さんにて販売してます。
値段も、玉露は大体、100g2500円以上、確かなのは5000円以上するのに、
かりがねでの扱いが、40g500円(100gあたり1250円)。
正直、お買い得です。
(100gあたり1250円は、ダージリンの高級品の入り口の値段です)
かりがねとはいえ、アミノ酸含有量が多いので、一煎目の温度は気をつけないといけませんが、
いきなり、100g5000円の玉露にアタックする前に、練習としていいかもしれません。
(お買い求めは、お茶屋@和まで)
久々に、糸より玉露でも淹れようかな。
ただ、メーカー推奨賞味期限、楽勝で過ぎてんだよな・・・
(メーカー推奨:お買い上げ3ヶ月、現在買い上げ11ヶ月目)

-お茶

執筆者:

関連記事

no image

『現代に繋がる』お茶のふるさと②

昨日最後の写真のような杉林の先には、 金堂があります。 森の中にスクっと立ち上がる金堂は、もはやここが京都かどうか疑いたくなるような雰囲気を醸しだしてます。 この金堂の前には、45度を超える急な石階段 …

no image

まだまだ、暑くて当然でしょ。まだ、7/25(旧暦)なんだから。

「太陽暦は太陽に合ってて、 太陰暦は季節に合ってんだよww  異常気象?ばっかじゃねーの??」 と、某大手予備校の古文の講師(バラ栽培家)の発言でした。 (一部、脚色してます) で、暑い日がまだまだ続 …

no image

国産紅茶の専門書発売

和紅茶の本 選び方から美味しい淹れ方まで □国産紅茶のパイオニアの本 佐賀で国産紅茶専門店紅葉~くれは~を経営されてます岡本啓さんが、本を出されます。中身の紹介はおってさせていただきます。もう注文しま …

no image

日本茶の賞味期限

お茶の賞味期限を超えたお茶はどんな味か? 今日、長々と放置していた ”煎茶+茎茶”(かりがねとかいわれるの) をあけてみました。 賞味期限は、とっくに切れてて、 5年以上経過してます。 ただ、前の古い …

no image

抹茶の違った選択肢

夫婦岩の回で、ちらっと触れた割にあんまし反応がなかったので、改めてアップします。 『抹茶黒糖』です。 黒糖を抹茶でコーティングしたもので、 触ると抹茶が手につきます。 ちなみに、黒糖の味が強いので、『 …

アーカイブ