お茶

まあ、同じ木なんだからあっても不思議じゃないわな。

投稿日:2011年2月2日

この頃、ちょくちょく拝見させていただいてもらってる、お茶屋@和さんのブログにて、
『玉露かりがね』というのが、紹介されてたので、転載させていただきました。
ま、玉露もお茶の木なので、通常の煎茶にある『かりがね(茎茶)』がないのは、おかしいかな。
通常、玉露栽培(前にも紹介しましたが、覆いをしてアミノ酸を増やす方法)した茶木は、
葉を玉露に使い、茎をほったらかしてるわけではないでしょう。
ただ、市場に出回ってるのは、初めてみました。
(糸より玉露のような玉露の生産過程で出るものもありますが)
※糸より玉露→生産は兵庫・京都なのに販売が金沢。『良縁堂 茶楽』さんにて販売してます。
値段も、玉露は大体、100g2500円以上、確かなのは5000円以上するのに、
かりがねでの扱いが、40g500円(100gあたり1250円)。
正直、お買い得です。
(100gあたり1250円は、ダージリンの高級品の入り口の値段です)
かりがねとはいえ、アミノ酸含有量が多いので、一煎目の温度は気をつけないといけませんが、
いきなり、100g5000円の玉露にアタックする前に、練習としていいかもしれません。
(お買い求めは、お茶屋@和まで)
久々に、糸より玉露でも淹れようかな。
ただ、メーカー推奨賞味期限、楽勝で過ぎてんだよな・・・
(メーカー推奨:お買い上げ3ヶ月、現在買い上げ11ヶ月目)

-お茶

執筆者:

関連記事

no image

もう、来年の話をしてもいいでしょう。

いろんなところでしている『来年』の話です。 もう一度詰めなおさないといけない事満載なのですが、来年ようやく『みんなが気軽に買える国産紅茶のサイト』が立ち上がります。1月を目標ですが、3月という可能性も …

no image

お茶の友、甘い物

【お茶の友、それは甘い物】 いつも良いニュースがないかといろいろなサイトを検索するのですが、内容が『紅茶』なので、おいしいそうなものばかりがヒットします。紅茶のニュースは常に食物の記事との戦いです。 …

no image

使うから買った茶器

多分、どこかで見たことがある人も多いのではないでしょうか。中国茶を淹れるときに見かけるあのセットです。 たまたま入ったリサイクルショップで未使用である状態で購入。相場がよくわからないのですが、全部で3 …

no image

2012年、初めて淹れたお茶

お茶の淹れ初め。正直、このまま自分で淹れないままズルズルと2月に突入してやろうかとも考えましたが、在庫を数えれば数えるほど、そういうわけにはいかない事実に直面するわけです。 散々悩んだ挙句、今年の一煎 …

no image

ティーバッグの紅茶の淹れ方。3通りのその2

その2です。 昨日は、『一番簡単な淹れ方』を書きました。 実は、10年以上前に4コマ漫画でもネタにされてたほど、メジャーな淹れ方でしたので、 「いまさら、これを紹介するのもな・・・・」 と思ってたくら …

アーカイブ