お茶

まあ、同じ木なんだからあっても不思議じゃないわな。

投稿日:2011年2月2日

この頃、ちょくちょく拝見させていただいてもらってる、お茶屋@和さんのブログにて、
『玉露かりがね』というのが、紹介されてたので、転載させていただきました。
ま、玉露もお茶の木なので、通常の煎茶にある『かりがね(茎茶)』がないのは、おかしいかな。
通常、玉露栽培(前にも紹介しましたが、覆いをしてアミノ酸を増やす方法)した茶木は、
葉を玉露に使い、茎をほったらかしてるわけではないでしょう。
ただ、市場に出回ってるのは、初めてみました。
(糸より玉露のような玉露の生産過程で出るものもありますが)
※糸より玉露→生産は兵庫・京都なのに販売が金沢。『良縁堂 茶楽』さんにて販売してます。
値段も、玉露は大体、100g2500円以上、確かなのは5000円以上するのに、
かりがねでの扱いが、40g500円(100gあたり1250円)。
正直、お買い得です。
(100gあたり1250円は、ダージリンの高級品の入り口の値段です)
かりがねとはいえ、アミノ酸含有量が多いので、一煎目の温度は気をつけないといけませんが、
いきなり、100g5000円の玉露にアタックする前に、練習としていいかもしれません。
(お買い求めは、お茶屋@和まで)
久々に、糸より玉露でも淹れようかな。
ただ、メーカー推奨賞味期限、楽勝で過ぎてんだよな・・・
(メーカー推奨:お買い上げ3ヶ月、現在買い上げ11ヶ月目)

-お茶

執筆者:

関連記事

no image

『現代に繋がる』お茶のふるさと①

ちょっと、ここで歴史の勉強。 今日紹介します、『高山寺』は、日本で一番古いと言われている茶園があります。 そのいわれは、日本に『抹茶法』によるお茶を持ち帰ってきた禅宗の栄西禅師が、その実を明恵上人に伝 …

no image

お茶買った

ぐり茶買った。安かった。

no image

こんな時点で3ヶ月もあとの話をするなよ。

ちと、ブログのチェックをしてるときに、こういう内容が見つかりました。 『そうそう、5月からはこちら ルピシアダージリンフェスタ2011 こういうフェスタは東京が皮切りになる事が多かった気がするのですが …

no image

ネタ紅茶~それはすでに踏み固められた道だった~

ツイッターに触発されて、『普段ではありえないと思われる組み合わせ』をしてみました。 ことの発端としては・・・ 『若者の醤油離れ!?』 ↓ 『今こそ醤油紅茶でオサレな若者をゲト!』 ↓ 『◯◯ドレッシン …

no image

南山城紅茶の秘密兵器

ここで告知なのですが、 来る11月23日、南山城村でイベントがあります。2012むら活き生きまつり京都府唯一の村、南山城村の特産品などの即売会などされているそうです。 で、僕はほぼ事実上『南山城村の紅 …

アーカイブ