べにふうき 花粉症

さすが、製薬会社。やることが細かい。

投稿日:2011年2月1日

さてさて、近所でまたべにふうき製品を見つけました。
京都紅茶道部
粉末のべにふうき。
作ってるのが、製薬会社の『ワシのマークの大正製薬』
タイトルに、『やることが細かい』と書いたのは、
べにふうきと一緒にすると効果が高まる生姜と、
花粉症に効くとされる甜茶が入ってること。
お茶というより、薬。
(飲む薬)

ただ、イロイロ混ぜてるので、『5分煮だし』をすると、生姜とか甜茶の成分が飛んでしまう恐れあり。

細胞壁を破壊して、吸収しやすくしてることを祈ります。

大正製薬のサイト をみたら、
『希少な品種であるべにふうき茶葉を使用した粉末緑茶「べにふうき粉末緑茶」を数量限定で、
2010年1月12日よりLivitaブランドから発売いたします。』
とあるので、最近発売したみたい。
難点は、値段が@100円くらいで(15包入り)、一日3包飲用との事。
ってことは、月9000円。
シーズン3ヶ月(1~3月)までとすると、ざくっと、3万円ほどかかる計算に。
まあ、べにふうきの市場価格が100g1000円なので、仕方ないのかなって・・・
希望としては、100g500円が普及ラインだとおもうんですがね。
そのためにも、市場シェアを10%超えないと、達成できない。
あと、やっぱり、マイナー製品です。
京都紅茶道部
扱いが小さい・・・・
まだまだ、どうにもならんか・・・
あ、言い忘れた。
おいてあったのは、ドラックストアーのダックス でした。

-べにふうき, 花粉症

執筆者:

関連記事

no image

今回ばかりは、お茶を嗜好品と捉えずに、健康食品か薬と考えるほうが妥当になる。

昨日『花粉症に効く、お茶』として、”べにふうき”と紹介しました。 その成分の”『メチル化カテキン』が効く”と書き、詳しい説明は、次回に投げました。 そう、今がその次回です。 そもそも、お茶は、カテキン …

no image

最初のほうは渋くないが、徐々に渋みが出てきて、良い感じに。

というのは、先日購入した 茶・水分離のべにふうきです。 嫁様が、『さっきの飲ませろ!』というので、開けました。 開ける前で キャップをひねると、茶葉が落ちてきます。 シェイクして混ぜると、緑に。 (ど …

no image

正直言って、見落としていた。

大体、ジャスコには『薬局ブース』ってのがあったんですね。 知っていながら、気がついてなかった。 結局、嫁に言われて、見てみました。 ないと思ってたんですけどね・・・ 侮ることなかれ。 粉末と『茶葉と水 …

no image

『べにふうき ダイエット』で検索する人が多いが、大切なことを忘れてないか?

『飽食の生活』を続けてたら、そりゃ、太るぞ。 と言うことで、よく『べにふうき ダイエット』と検索してる人が多いみたいです。 べにふうきが、アレルギーに効く仕組みは、去年10月のセミナーで聞き、 そのあ …

no image

実は、直接他人に教えに行くのは初めてです。

嫁様との会話で、 『お母さんが、花粉症ひどいから、 例のお茶教えに行ってきたら?』 という提案(命令)によって、 お義母さんにべにふうきの淹れ方を直接教えに行くことになりました。 11月から、あれだけ …

アーカイブ