べにふうき 花粉症

さすが、製薬会社。やることが細かい。

投稿日:2011年2月1日

さてさて、近所でまたべにふうき製品を見つけました。
京都紅茶道部
粉末のべにふうき。
作ってるのが、製薬会社の『ワシのマークの大正製薬』
タイトルに、『やることが細かい』と書いたのは、
べにふうきと一緒にすると効果が高まる生姜と、
花粉症に効くとされる甜茶が入ってること。
お茶というより、薬。
(飲む薬)

ただ、イロイロ混ぜてるので、『5分煮だし』をすると、生姜とか甜茶の成分が飛んでしまう恐れあり。

細胞壁を破壊して、吸収しやすくしてることを祈ります。

大正製薬のサイトをみたら、
『希少な品種であるべにふうき茶葉を使用した粉末緑茶「べにふうき粉末緑茶」を数量限定で、
2010年1月12日よりLivitaブランドから発売いたします。』
とあるので、最近発売したみたい。
難点は、値段が@100円くらいで(15包入り)、一日3包飲用との事。
ってことは、月9000円。
シーズン3ヶ月(1~3月)までとすると、ざくっと、3万円ほどかかる計算に。
まあ、べにふうきの市場価格が100g1000円なので、仕方ないのかなって・・・
希望としては、100g500円が普及ラインだとおもうんですがね。
そのためにも、市場シェアを10%超えないと、達成できない。
あと、やっぱり、マイナー製品です。
京都紅茶道部
扱いが小さい・・・・
まだまだ、どうにもならんか・・・
あ、言い忘れた。
おいてあったのは、ドラックストアーのダックス でした。

-べにふうき, 花粉症

執筆者:

関連記事

no image

『べに』からい出た『ほまれ』 そしてその子どもたちも『紅茶のほまれ』

話題のべにほまれ。ただしべにほまれの子供たちも優れた紅茶だと知ってますか テレビ番組で三重県のべにほまれの紹介がされて、一躍検索数が増えた『べにほまれ』 三重県だけ取り上げられていたようですが、べにほ …

no image

国産紅茶復興ののろしは、ここから上がった・・・

前にも記事にしてたことがあります。 かつて、明治以降、日本では外国に人間を派遣して紅茶の生産能力・品質水準を上げていったこと。 そして、昭和46年に紅茶が自由化されて、ほぼ完全にその能力を失ってしまっ …

no image

今日は、嫁に先に発見されてしまいました。

ジャスコが3/1から、店舗名がイオンに変わるそうです。 でも、僕は、ずっとジャスコと呼び続けるでしょう・・・・ て、言うことは、おいといて。 いつもの、『猫の紅茶が置いてある店』CALDIで、ついにあ …

no image

ブログ徘徊をしてましたら・・・

べにふうきを飲んでいただくのはありがたいんですが、 いまだに、 『粉末べにふうきでの間違った飲み方』をしてる人が多いです。 しかも、現役お茶屋さんという『専門家』も間違ってる・・・ 詳しくは、野菜・茶 …

no image

存在意義を考える

ご存知の方が多いと思いますが、 僕は『べにふうきの拡散人』です。 (※自営業:国産紅茶情報屋) 特に研究家というわけでも、農家というわけでもないです。 立場上、『売る人』ということです。 (全く、商売 …

アーカイブ