お茶 お茶の健康

いろんな人のブログを見てますが、『インフルエンザになりました』記事が増えてきました。

投稿日:2011年1月22日

お茶が体に良い影響を与える

万年病気持ちの僕ですが、
今年は、いまだインフルエンザをひいてません。

というか、冬なのに風邪さえひいてません。

『バカは風邪ひかない』

と言いますが、僕自身、もしかしてバカと紙一重なのかもしれないので
なんともいえません。
でも、あのことわざを作った人は一つ間違ってます。
バカは風邪をひかないんじゃないです。
風邪をひいても気がつかないだけです。
(別に今回はバカと風邪の関係を書きたいわけじゃないですが)

カテキンが有効な対策の一つになります

前に、
『茶カテキンは、ウイルス対策になる』
と書いたことがあります。
(ノロウイルスの件で)
さて、今、シーズンニュースにもなり、今年は4種類の対策薬が出たと流れました。
インフルエンザです。
11月に書いたノロウイルスとカテキンの検証論文は意外と少ないです。
(このブログの読者で、ピグともで元看護師である稲穂さんが現役時代にカテキンの抗菌作用の発表をしたらしく、抗生物質耐性菌にも効果がある事を教えてくれましたが)
事に、インフルエンザに対する検証論文は多いです。
論文サーチをかけても、『インフルエンザ カテキン』関係はたくさん出てきます。
しかも、ほとんどが、『不活性化に効果あり』と。
先に結論出しておきます。
『インフルエンザ対策に、お茶を飲みましょう』
カテキン(主に、エピガロカテキンガレート)を多く含む煎茶
酸化発酵時に、カテキンが変化するテアフラビンを多く含む、紅茶などです。

カテキンがウイルスに効くメカニズム

どうして、カテキンがウイルスに効くのか。
カテキン自身が、ウイルスを殺菌することはありません。
現に、シャーレの実験では、生理食塩水とカテキン入りの生理食塩水の中に、
インフルエンザウイルスを入れて培養比較した例もあります。
その時は、カテキン入りの方が、ウイルスが多かったそうです。
『カテキンがウイルスに効く』そのポイントは、『不活性化』です。
つまり、『ウイルスに仕事をさせない』状態を作り出します。
カテキンは、たんぱく質を吸着する性質があります。
つまり、『ウイルスというたんぱく質に吸着して』仕事をさせなくします。
時速300kmで走れる車も、タイヤをはずせば、一ミリも進めません。
さらに、その吸着作用も1:1ではなく、1:複数です。
一人で、天下無双の人でも、縄で100人ぐらい集めてぐるぐる巻きにしたら、その武力は発揮できません。
そんな感じです。
もっと丁寧に書いてある説明を見たい方は、日本茶インストラクター協会さんが、『カテキンのサイト』を作ってくださってるので、そちらもご覧ください。
(学校とかで保護者に対して行うインフルエンザ対策の説明の時には、こちらのほうがいいと思います)
ただ、一つ、注意していただきたいのは、カテキンはたんぱく質を吸着する性質上、
抗菌作用を期待するのなら、
牛乳を入れないでください。
(特に紅茶は)
ウイルスに吸着する前に、牛乳と吸着してしまいその効果が薄れてしまいます。
どうしても何か入れたいのなら、オリゴ糖とレモン果汁を入れてください。
(個人的には、紅茶の風味がなくなるのでレモンは入れたくないですが)
風邪やインフルエンザにかかった人は、『副作用がなく、水分補給』に、
まだかかってない人は予防のために、お茶を活用してください。

今年からは、お茶で

消毒だ~!!

-お茶, お茶の健康

執筆者:

関連記事

no image

まあ、同じ木なんだからあっても不思議じゃないわな。

この頃、ちょくちょく拝見させていただいてもらってる、お茶屋@和さんのブログにて、 『玉露かりがね』というのが、紹介されてたので、転載させていただきました。 ま、玉露もお茶の木なので、通常の煎茶にある『 …

no image

一つの季節に一回開く茶館

毎季恒例の告知(にしたい)です。東京の大田区山王で、茶館銀芽さんが開店します。茶館銀芽今季の開館日は、11月11(金)~13日(日)です。もし、予定が合えば、11日にお伺いします。 もしかしたら、11 …

2つの天の川(羊羹の中身)

『2つの甘春堂』と『2つの天の川』

2つの『甘春堂』 京都には2つの『甘春堂』という和菓子屋さんがあります。 厳密には、2つじゃないみたいなのですが、ここは話の都合上『2つ』にしておきます。 (類似の話には、「ふたば」という和菓子屋さん …

no image

お茶帝国の 衰亡

日本のお茶の市場において、まっさきに外せれないのは、静岡です。生産量・消費量たるや、まさしく『帝国』名にふさわしい規模です。 それを追いかけるのが、鹿児島県と三重県。 実は、昨日の『日本のお茶開発の神 …

no image

たまに、確認しないと大変なことになってます

この頃、 「みこどんって、毎日、紅茶をのんでるんだよね?」 「毎日、鍋だよね?」 と、よく言われます。 『お茶ネタ』としても、過去に紹介もさせていただいてますが、 基本的には、紅茶・日本茶の区別なく毎 …

アーカイブ