お茶

特定の分野では良い仕事をする大手

投稿日:2011年1月21日

果たして何のことかと言うと、
この前、買って(もらった)福袋のことです。
前に、ルイボスティーの話書きましたよね。
次は、もう一つのルイボスティー
京都紅茶道部
フレーバードです。
中には、マンゴーシトラスが入ってるらしいです。
茶葉は
京都紅茶道部
露骨に、『混ざってる』のがわかります。
普通のルイボスは
京都紅茶道部
こんな感じ(見づらいかな)だったので、
違いがわかっていただけると思います。
今回もルイボスティーなので
京都紅茶道部
やかん一杯の水を用意して
京都紅茶道部
投入して、30分煮詰めました。
(でも、香りが飛んでなかった。すげえな)
できあがりの色目は
京都紅茶道部
こんな感じで
京都紅茶道部
普通のルイボスティーとあんまり変わらないかも。
(カップが同じでなくてすみません)
ただ、甘い香りが、部屋中に広がります。
さすが、フレーバードだけ確かなルピシアだ。
フレーバードだけのクオリティーの高さは、いつも頭が下がります。
ちなみに、これにミルクを入れると、その香りのおかげで
砂糖を入れる気がなくなります!
フレーバーがすごいや・・・
個人的には、フレーバードは常飲しないんだけどね・・・
(同じフレーバーは飽きるから)

-お茶

執筆者:


  1. まりん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ペタいつもありがとうございます!!
    香りが広がる…(*´∇`*)
    良いですね♪
    やっぱり、味も大切ですけど
    香りも大切ですよね!
    色々試されていて、
    こちらも色々勉強させていただいてます。
    ありがとうございます!!
    また来ますね♪

関連記事

no image

ここんとこ、ぐり茶を検証

もう、はるか前の話になりますが(旅記事は昨日まででしたが)、熱海に行ったときに買ってきた『伊豆のぐり茶』を 今再あけて淹れてみたんですが、いまいちしっくり来てない。 昨日は、『2回湯冷まし、40秒抽出 …

no image

火をかけっぱなしにしなくても、紅茶の煮出し法と同じくらいのクオリティーをだすには。

いつも書いてますが。 『紅茶は100℃で淹れます』 ですが、このことを必死に守ろうとすれば、ずっと火にかけないといけません。 ですが、普通にポットに入れると、それで温度が下がってしまいます。 なので、 …

no image

行って来ます。

ルピシアのダージリンフェス行って来ます。 多分東京のと同じレイアウトだと思うんですが、 まあ、基本『試飲だけしまくって』帰ってきます。 多分、中の様子を写真で撮れると思います。 (カメラを忘れなければ …

no image

しぞーか・・・、なんじゃこりゃ!!

さすが、しぞーか(静岡)。 さっき、夕飯(うどん)食いに行った帰り、コンビニに寄ってましたらね、 お茶コーラ って・・・ 飲んでみましたら・・・ 「お茶やん・・・」(炭酸入り) 自分で淹れたティーソー …

no image

いつぞや、ケンミンショーでしてた”薄茶糖”ってどう考えても、グリーンティーですよね?

薄茶糖がグリーンティーであれば、 グリーンティーを知らない東京は、 ”全国的”に見ても 変です。 ほんとはここで、『ケンミンショーでの薄茶糖登場シーン』 を貼るべきなんでしょうが、 見つかりませんでし …

アーカイブ