お茶

ほぼ毎日飲み続けて、2ヶ月もちました。

投稿日:2011年1月6日

静岡で購入して以来、ほぼ毎日飲んでたお茶があります。
それが、
京都紅茶道部
これです。
静岡の『ティーアップ』さんの粉末緑茶。
粉末なので、水やぬるま湯に溶かすだけ。
色目も、
京都紅茶道部
すごく、涼やか。
(てか、冬に言うセリフじゃないよな)
味は、お茶の味が強くないので、食事中に飲む飲み物として
重宝してます。

で、それが、なくなりました(1/5)

普通の粉末茶なら、何でも良かったのですが、
これは製法が特殊で、
普通の粉末茶は、普通のプロセスで作ったお茶の葉を、
水にも溶けるように粉末にしてます。(抹茶よりも細かくしてます)
でも、この『ティーアップ』さんのは、
親会社がもともと、漢方薬を作ってる会社で、
漢方薬を作る製法で加工したお茶を粉末にしてます。
こういうと、「なんのこっちゃ」となりますので、要約しますと
・普通の粉末茶:お茶→火入れをして製造→粉末
・この粉末茶  :お茶→加熱せずに乾燥→粉末

となります。
社長さんいわく
「お茶のエピカテキン群(お茶のカテキン全部を指してます)は、
通常のお茶を作る時の温度(蒸入れとか釜入れで100度以上かかってます)をかけると、
変性して本来の機能を充分に発揮できないようになってる。
漢方薬では、こういう加熱は元々問題視されていて、過熱せずに乾燥する技術が開発されてきた。
このお茶は、そういう製法で作ったお茶だから、本来のカテキンが本来の機能を充分に発揮できる」
ということだそうだ。
今流行ってる、インフルエンザにカテキンが有効なのは証明されてるので、
これは、普通のお茶よりも、大きな武器になるので、追加が欲しいところ。
これを手に入れようとしたら、静岡に行くか、通販と言うことになる。
教えてもらったサイトにアクセスしたら、一応、通販で手に入ることが判明。
ただし、5000円以上で送料無料。
それ以下なら、国内600円均一
(北海道・沖縄地区は1,200円)

5000円分買ったら、一年持つな・・・・
(6個になるから)
一つ当たりは高くないんだけど、送料で二の足を踏んでしまうところが、
やっぱり、俺って貧乏人だなって思う。
平安京内で人を集めて集団購入できたらいいんだけどな・・・・
(生協システム)
静岡で話を聞いてたところ(世界お茶祭で社長さんに聞きました)、
業者への販売はするけど僕のようなサイト(ブログ)運営者への
アフィリエイト(代理広告)はしてないみたいだし・・・
もう一度、嫁と相談しよ。
(自家消費分は)
ちなみに、今年はまだ風邪をひいてません。(嫁は知らんが)

-お茶

執筆者:

関連記事

no image

ファーストフラッシュが出る前に再検証:紅茶を淹れる2つの方法

南山城紅茶チームのツイッターやフェイスブックに、今年の南山城紅茶のファーストフラッシュ(一番茶)の準備の光景がアップされてました。 出まわるのも時間の問題なので、今回は去年までの物をどういう方法で淹れ …

no image

初めはメーカーの寝言だと思ってスルーしてた。

初めは寝言だと思ってました。 『紅茶でエスプレッソ』 紅茶に圧力湯を掛けたら、全部出てぐちゃぐちゃな味になるだろうと。 なので、某巨大メーカーから出てる『ティーエスプレッソ』は 完全に無視してました。 …

no image

ティーバッグの紅茶の淹れ方。3通りのその1

「ピグとも」とちょいと話をしてた時に、「ティーバッグを使う」 という話をしてたのを思い出して、 「ティーバッグの淹れ方アップしたほうがいい?」 と聞いたところ、 「寒い季節になるんで必要です」 と答え …

no image

カテキン・テアフラビンを効率的に飲むには。

効果的にカテキンをとるには 昨日、『お茶のカテキンやテアフラビンはインフルエンザに効く』と書きました。 (正確には、インフルエンザの活動を不活性化させるですが) では、『どうやったら、飲めんねん』って …

2つの天の川(羊羹の中身)

『2つの甘春堂』と『2つの天の川』

2つの『甘春堂』 京都には2つの『甘春堂』という和菓子屋さんがあります。 厳密には、2つじゃないみたいなのですが、ここは話の都合上『2つ』にしておきます。 (類似の話には、「ふたば」という和菓子屋さん …

アーカイブ