お茶

年末の話ですが。(しかもテレ東系列限定)

投稿日:2010年12月24日

12/31のお昼に、テレビ東京系列で、
揺るぎなき先人 茶聖 千利休
という、番組が放送されます。
(無論、録画予約してます)
茶道楽(飲むほう専門)としては、どうしても、避けられない人物です。
戦国時代に、『名物狩り』と称して、戦国大名や武将達が、高名な茶師達が使った道具を収集し、
その舞台を、豪奢に彩る中、利休という人は、あばら屋みたいな茶室を建て、
当時の唐焼(中国大陸の茶器)とか国産の名産の茶器を使わず、楽焼という『粗器』を作った。
その残した言葉にも、
『お茶は、最低限の道具とおあつらえ向きの環境があればいい』
というようなことを残す。
400年前にもあった、そして今にも当てはまる、
『形式至上主義のお茶文化』に警鐘を鳴らし続けてるという感じも受けられます。
僕自身、このブログの中でも、
『高い食器でお茶が旨くならん。お茶を旨くするのは、水と時間と温度だ』
と言うようなことを書いてきたつもりです。
(これは、あくまでもお茶を料理としてみた感想ですが)
いまだ勉強不足のことが多く、利休が伝えたことがいまだ理解できてないかもしれません。
この放送を通じて、その一端にも触れられればいいなと思ってます。

-お茶

執筆者:

関連記事

no image

金沢のレピシエ(ルピシア)にて

紅茶と煎茶の限定フレーバー。 勿論、 買いました。紅茶のほう。 関連

no image

酷暑向けアイスティー①

あ~、なんで写真撮ってないんだろ・・・ 異様にここ数日夜も暑くなってきたので、 酷暑用に作ったアイスティーをはろうとしたんですが、 『写真を忘れてる』 テキストで勘弁して下さい。 で、作ったのが ・ア …

no image

※東京近郊の人向けです。

ツイッターで、日ごろフォローさせていただいている 『NoriJr あんどうたかしさん』が、 東京の杉並区で、紅茶大会という名の、 交流会を開かれるそうです。 リンク先→2011年5月開催のご …

no image

簡単そうで、なかなか出来ない『一杯の完璧な紅茶の淹れ方』

紅茶を淹れる事は難しい事? 本来、日本茶と違って、『100℃で淹れる』ことさえ間違わなければ、 失敗することがない紅茶。 でも、ある時期まで100年ぐらい、この『淹れ方』の論争が続いてました。 紅茶を …

名古屋の中国茶専門店20140801-2

日本における中国茶と言う立ち位置

中国茶の専門家による中国茶現代史 お茶仲間の中国茶の専門家「あるきち」さんが、自身の中国茶ブログが10年を迎えたという事で、今一度「中国茶と日本とのかかわり」をまとめておられております。 日本での中国 …

アーカイブ