お茶 ジャンナッツ 紅茶

ええ!猫ですよ!そりゃ、猫ですよ!! ※紅茶の話です

投稿日:2010年10月16日

なぜか大体、ブログの資料を作ってるので、夜遅くなる傾向の僕です。
昨日(10/15)、嫁様が仕事に行きがけに起こしに来て、
「どうせ、今日は、紅茶買いに行くんでしょ」
と・・・
ええ!!
行きますとも!
行きましたとも!!
この頃は、いつもの
京都紅茶道部

猫のメーカーです!

(注:フランスのJanat)
秋口から(というが、今年はいつから秋口なのか?)
店頭に並びだしました。
これ(セイロン)と、”アールグレイ””ダージリン”
『生姜紅茶を作るために、特徴が少ないほうがいい』ということでの、
この選択です。
100Pパックなので、開けたら・・・・
京都紅茶道部
ずっしり!!

全部、缶に詰め替えました。
(密閉度を高め、湿気でだめになったり、香りが飛ぶのを防ぐため)
今日から、これで、『生姜紅茶』再開です。
(といっても、一日も停止してませんが)
あ・・・
データ更新してねえや・・・・・
あと、衝動買い
貴腐ワイン
メイプルシロップ並みに甘いワインです。
”劇甘党”の方はどうぞ。

あ、そうだ。

今回は、この紅茶のレポはしません。

前に、リーフで「Janatのセイロン」はやってますんで、

改めてする必要ないかと思いますのであしからず。

-お茶, ジャンナッツ, 紅茶

執筆者:


  1. ジプリ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    やっぱり、猫に食いついてしまう・・・∵ゞ(≧ω≦o)ぶっ!!
    Janatね。。。((φ(・д・。)メモメモ

関連記事

no image

いまだに、中国茶が良くわからない。

中国茶の起源について お茶の起源は、中国の南西部かビルマ(ミャンマー)のあたりだと言われてます。 それが証拠か知りませんが、ビルマには”ラペトゥ”と呼ばれる、食べるお茶があります。 人間の食の確認は、 …

no image

美味しいお茶とは、付け加えるわけでもなく、引き出すもの

数ヶ月、いくつかの『桜の香りのお茶』の記事を書いてきました。 例えば、”桜餅の香り”とか、”桜そのものの紅茶”とか。 でも、全部『着香茶』といわれる、『あとで、何かしらの方法で香りをつけたもの』です。 …

no image

ルイボスティー驚きの飲み方

1/9にコメントいただきました、よう☆さんのお誘いに乗りまして、 よう☆さんにペタをしていきました 「香」@ちいさなハーブティー屋さんのブログをみさせていただきまして 早速試してみました。 ルイボスコ …

no image

粉末緑茶とフレーバーティーとグリニッシュ

回転すし屋とかに今、『粉末緑茶』をおいてる会社が増えています。 ティーパックと違って、ごみも出ないですし、一容器内に対する淹れられるお茶の杯数が格段に違うということも理由に挙げられるでしょう。 今日( …

no image

誰でもできるセパレートティーの作り方

ツイッターでいつもお世話になってます『ぞうの紅茶』さんが、しばらく、『セパレートティー』なる多重層からなる紅茶を紹介していました。 こちらの方がおいしそうなので、先に紹介させていただきます。 カンタン …

アーカイブ