お茶

陶器製、金属製はたくさんあるんですが・・・

投稿日:2010年10月9日

テレビのニュースで、「森の営業マン」というのが紹介されてました。
岡山県のある過疎の山村にある企業で、その山村で取れる木材を紹介・加工していく事業で、
加工の仕事が増えているため、その山村には、UターンやIターン(ってまだいうのかな?)で
若年者が増えて言っているそうです。
木材は、もともと保温性の高い素材です。
ならば、ティーポットであってもおかしくないと思い、
楽天でどれだけの扱いがあるのか検索をしてみました。
そうしたら、いくつかの商品がヒットしました。

形が「コップに注ぎ口をつけた形」にちかい物です。

ご存知の通り(?)水は、

水よりも温度の低いものに接する面積が少なければ少ないほど、

水温は維持されます。

つまり、ポットでは

『空気に接する面積が少なければ少ないほど良い』

ということになります。

(木は保温性が高いので、温度を下げる要因から除外できます)

多分、デザインのよさで、上のようなポットの形になったと思うんですが、

実際、鍋で淹れたものを入れ替える分には良いんですが、

これで『茶葉を入れて、お茶を淹れる』という点では、

「どうかな・・・」って思います。

陶製や金属製と比べ、加工の難しさも理解出来るのですが、

フタの口が狭いポットがあればほしいなって思います。

(もしくは、作ってもらえばいいのかな?)

-お茶

執筆者:


関連記事

no image

最近、これを取り扱う店が増えてます。

スタバの冬メニューでも出てます。 ほうじ茶ラテ 『炒った物』+『牛乳』という取り合わせは、 ここ数年で爆発的に普及しているみたいです。 もともとは、コーヒー牛乳ぐらいしかなかったんですが、 味が似てる …

no image

初じゃ~!初じゃ~!紅茶が入荷された~!

去年、『紅茶の試飲会で美術館に行ったのに、なぜか和服の女性が多数でびっくらこいた』という物議を呼んだ、『加賀の紅茶』の今年の分が販売決定されたとメールが来ました。 発売日は、昨日9月30日。相変わらず …

no image

一応、区分だけしてみた。

在庫がどのくらいあるのか、数えるのは嫌でも、 どんな種類があるのかは気になる。 なので、区分だけしてみました。 緑茶は・・・・ 来年の花粉症対策の為に、 最終在庫を一気に買った緑茶べにふうきが目立ちま …

no image

嫁様がずいぶん前に金沢の店で買っていたものを今は初めて開けたことに気がついた。

在庫確認の時、あることは知っていたんですが、 実は淹れた事が無かったわけでした。 夜に、嫁様に 『何か飲むのも無いの?』 といわれたので、 『お茶は淹れればあるが』 と答えたので、適当にそれにするか聞 …

no image

正直、いつも淹れるのをためらうが、淹れないとなくならない。

なら、捨てれよと・・・ いや・・・ どんなものでも、一度は、チャレンジする義務があるんじゃないかと・・・ いつも、思うわけですね。 見た瞬間に、味が想像できて、もう、どうしようか散々悩んだんですが、 …

アーカイブ