お茶

ティーポットは陶器製、金属製はたくさんあるんですが・・・

投稿日:2010年10月9日

テレビのニュースで、「森の営業マン」というのが紹介されてました。
岡山県のある過疎の山村にある企業で、その山村で取れる木材を紹介・加工していく事業で、
加工の仕事が増えているため、その山村には、UターンやIターン(ってまだいうのかな?)で
若年者が増えて言っているそうです。
木材は、もともと保温性の高い素材です。
ならば、ティーポットであってもおかしくないと思い、
楽天でどれだけの扱いがあるのか検索をしてみました。
そうしたら、いくつかの商品がヒットしました。

形が「コップに注ぎ口をつけた形」にちかい物です。

ご存知の通り(?)水は、

水よりも温度の低いものに接する面積が少なければ少ないほど、

水温は維持されます。

つまり、ポットでは

『空気に接する面積が少なければ少ないほど良い』

ということになります。

(木は保温性が高いので、温度を下げる要因から除外できます)

多分、デザインのよさで、上のようなポットの形になったと思うんですが、

実際、鍋で淹れたものを入れ替える分には良いんですが、

これで『茶葉を入れて、お茶を淹れる』という点では、

「どうかな・・・」って思います。

陶製や金属製と比べ、加工の難しさも理解出来るのですが、

フタの口が狭いポットがあればほしいなって思います。

(もしくは、作ってもらえばいいのかな?)

-お茶

執筆者:


関連記事

no image

街(マーチ)に出たら、『3月の』福袋が売っていた。

と言うのは、いつもの紅茶専門店です。 (錦市場西出ルのお店) 年始にも書きましたが、今年は福袋がありませんでした。 というか、 ないはずでした。 ですが、街へ出たついでに、フラリと立ち寄ってみたら、 …

no image

『帝国静岡』が結果を出したんだから、あげないわけないわけにはいかない。

いわば、『トヨタが第3者機関で安全点検をしてもらったのと同じ』ことだから。 先日(といっても、一昨日)、 『農水省の検査は、実際に即しておらず、全くの無意味』 と言って果然拒否を宣言していたが、結局、 …

no image

『お茶を飲む』という行為に資格が必要なのか?

基本的には、僕は『お茶の資格』なるものは取る予定はありません。 (『お茶の先生』というわけの分からないものになるつもりはないので) ただ、団体があるとその分だけ 『認定資格』なるものがあるのが、 この …

no image

お茶とは、『理解すること』そして『体験すること』

なんて、書いたら、ある特定の人から 『宗教みたいやな』 って、言われそうです。 (そういう人は、相当、頭のいい人に限られますが) 日ごろから、お茶ばかり飲んでる僕ですが、 ふと、原点に振り返り、『理解 …

no image

初めはメーカーの寝言だと思ってスルーしてた。

初めは寝言だと思ってました。 『紅茶でエスプレッソ』 紅茶に圧力湯を掛けたら、全部出てぐちゃぐちゃな味になるだろうと。 なので、某巨大メーカーから出てる『ティーエスプレッソ』は 完全に無視してました。 …

アーカイブ