お茶

ティーポットは陶器製、金属製はたくさんあるんですが・・・

投稿日:2010年10月9日

テレビのニュースで、「森の営業マン」というのが紹介されてました。
岡山県のある過疎の山村にある企業で、その山村で取れる木材を紹介・加工していく事業で、
加工の仕事が増えているため、その山村には、UターンやIターン(ってまだいうのかな?)で
若年者が増えて言っているそうです。
木材は、もともと保温性の高い素材です。
ならば、ティーポットであってもおかしくないと思い、
楽天でどれだけの扱いがあるのか検索をしてみました。
そうしたら、いくつかの商品がヒットしました。

形が「コップに注ぎ口をつけた形」にちかい物です。

ご存知の通り(?)水は、

水よりも温度の低いものに接する面積が少なければ少ないほど、

水温は維持されます。

つまり、ポットでは

『空気に接する面積が少なければ少ないほど良い』

ということになります。

(木は保温性が高いので、温度を下げる要因から除外できます)

多分、デザインのよさで、上のようなポットの形になったと思うんですが、

実際、鍋で淹れたものを入れ替える分には良いんですが、

これで『茶葉を入れて、お茶を淹れる』という点では、

「どうかな・・・」って思います。

陶製や金属製と比べ、加工の難しさも理解出来るのですが、

フタの口が狭いポットがあればほしいなって思います。

(もしくは、作ってもらえばいいのかな?)

-お茶

執筆者:


関連記事

no image

関西に住んでるお茶好きの人のための告知

来月5月20日日曜日に、京都でお茶好きの人のためにオフ会をします。 【関西】お茶交換会&ひたすら雑談オフ会 Twitterのアカウントやミクシのアカウントなど、何かのアカウントを持ってれば申し込みは可 …

no image

煎茶パックの実力

煎茶パックは美味しいのか? この頃、ぐうたら生活が長いため、 若干、逆流性食堂炎気味に陥ってます。 どこかの製薬会社のCMのいいお客さんです。 さて、うちには、煎茶のティーバッグがあります。 多分、ホ …

no image

探し物をしてたら、別のものが見つかった。

本当は、小さいドライバー探してたんですけどね。 引き出し探したら、こういう缶みつかりました。 緑寿庵清水の金平糖 いつぞやか、京大あたりに行ってた時に、ふらっと立ち寄って、買ってきた 金平糖の有名店で …

no image

『現代に繋がる』お茶のふるさと①

ちょっと、ここで歴史の勉強。 今日紹介します、『高山寺』は、日本で一番古いと言われている茶園があります。 そのいわれは、日本に『抹茶法』によるお茶を持ち帰ってきた禅宗の栄西禅師が、その実を明恵上人に伝 …

no image

帰ってきた『国産紅茶でアイスティーを淹れよう』

【夏に向くアイスティー】 去年の7月こういう記事を書きました。 国産紅茶でアイスティーを淹れよう 夏向けに、普段美味しくないと思われる緑茶品種の国産紅茶はアイスティーにしてしまおう。って内容でした。 …

アーカイブ