お茶 紅茶 紅茶の淹れ方

まだ、アイスティーの季節に間に合うでしょうか・・・

投稿日:2010年8月31日

アイスティーが美味しいシーズンですが

なぜか、今、ホットのミルクティーを飲んでます。
いや、茶漉しに通す時、氷の集団に通したから、『ぬるいミルクティー』か・・・
そんなことはさておき、
このごろ、メッセージやピグのほうで、
「確実に作れるアイスティーを載せてほしい」
とのご要望が多かったので、
多分、初めてのリクエスト記事

『アイスティーの作り方解説』
になりました。

本格的なアイスティーの作り方

ただ、全然難しいものでもなくて、
途中まで、ホットの紅茶を同じです。
今回は、氷に2回通す「ダブルクーリング」という方法で冷やします。
(要するに、氷で2回冷やすだけです)
紅茶は、一気に冷やすと、『クリームダウン』といわれる、
白く濁る現象を防ぐことが出来ます。
ダブルクーリングは、
一回目で一気に温度を落とし

二回目で徹底的に温度を落とす
という目的です。
ま、過去にも何回も記事にしてますが、
ミルクを入れてしまえば一緒です。
透明なミルクティーなんて、あるわけ無いんですから。
味や香りも異常ないですし。別に。
ホットを氷で冷やしただけ

アイスティー

というわけです。
ただ、ただ単に氷で冷やすと味気なくなりますので、そこんとこを理屈っぽく説明となるんでしょうね・・・
説明かどうかしらんが・・・

実演!アイスティーを淹れてみた

では、まず
京都紅茶道部
水を入れます。
水はいつもの量でお願いします。
ここで、「いつもと違う量」とか選択すると、紅茶の葉の量が想定できなくあることが多いです。
京都紅茶道部
次に、沸騰したお湯に紅茶の葉を入れます。
このとき、僕はいつもどおり鍋に直接投入ですが、ポットで淹れる人はポットでどうぞ。
この点で、注意が必要なんですが、
葉の量は、いつもの1.2倍~1.4倍ぐらいの量にしてください。
よく言われるのは、一杯(180cc~200cc)につき、3g(ティースプーン一杯)といいますが、3.6g~4.2gでどうぞ。
といわれても、『そんなんわかんねーよ』って感じですよね。
アイスティーは結構たくさん飲む傾向がありますんで、

いっそのこと1㍑作っちゃいましょう。
そうすれば、単純に5倍ですんで、18g~21gに成ります。
カレースプーン3~4杯分ぐらいですかね。
僕は煮出すんで、2~3杯分です。
煮出したほうが、濃く出るんで。
京都紅茶道部
葉を入れたら、規定の時間抽出します。
僕は3分以上にしてます。
これも、濃く煮出すコツです。
煮出しましたら、
京都紅茶道部
葉を取ります。
ただ、葉を一番最後にしてもいいです。
そこはお好みで。
次に、
京都紅茶道部
氷を入れて冷やします。
これが一回目になります。
ぐるぐる混ぜて、程よく冷えたら・・・
京都紅茶道部
二回目の氷に通します。
このように、二回氷に通しますんで、解けた氷で薄まります。
ので、濃い目にお茶は入れてください。
お茶っ葉がもったいないと思う人には、基本、アイスティーをお勧めしてません。
驚異的な猛暑の昨今、気分だけでも涼しくお過ごしできるお手伝いが出来れば光栄です。
ただ、水分補給は、スポーツドリンク等の電解水や塩分の補給をお忘れずに・・・

-お茶, 紅茶, 紅茶の淹れ方

執筆者:


  1. みこどん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >若葉さん
    >ジプリさん
    アイスティーで濁るのは、タンニンやカフェインが固まってしまう現象です。
    ので、氷を入れると濁るのではなくて、濃い紅茶をゆっくり冷やすと濁ります。
    冷やすときは、たくさんの氷で一気に冷やしてください。
    たくさんの氷を使うので、結果濃い紅茶にする必要があるんですけどね。
    この「一気に」というのを心がけてくれれば、濁りにくい紅茶になります。

  2. 若葉 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    明日…ってか、今日、早速やってみます!!
    氷で冷やすと白く濁るのはなんぞや?と思っていましたが、原因は氷だったのですね( ̄▽ ̄;)
    勉強になりました(・o・)ゞ
    ありがとうございますm(__)m

  3. ジプリ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ありがとうございますo(^▽^)o
    おいしいアイスティー作りまぁ~す?
    やっぱり、透明に近い方がなぜか美味しく感じるのでヾ(;´▽`A“
    たすかりましたぁ~о(ж>▽<)y ☆

関連記事

no image

若旦那の早業

基本、『水出しのお茶』は好きではありません。 本来60度近辺で出るお茶の香り・味・風味などが、 ほぼ出てない温度帯だからです。 ただ、放送が見事だったんで、動画を貼らせていただきます。 お店は、ブログ …

no image

ある紅茶専門店にまつわる創業伝説と偉人創業者②

ルピシア(旧社名レピシエ)は、サイトではこう書いてあります。 平成6年8月株式会社レピシエ設立 /千駄ヶ谷店オープン/同時期より通信販売、FC展開を開始 平成8年7月本店を東京都渋谷区千駄ヶ谷1-28 …

no image

簡単そうで、なかなか出来ない『一杯の完璧な紅茶の淹れ方』

紅茶を淹れる事は難しい事? 本来、日本茶と違って、『100℃で淹れる』ことさえ間違わなければ、 失敗することがない紅茶。 でも、ある時期まで100年ぐらい、この『淹れ方』の論争が続いてました。 紅茶を …

no image

酷暑向けアイスティー①

あ~、なんで写真撮ってないんだろ・・・ 異様にここ数日夜も暑くなってきたので、 酷暑用に作ったアイスティーをはろうとしたんですが、 『写真を忘れてる』 テキストで勘弁して下さい。 で、作ったのが ・ア …

no image

お茶と温度の相関関係

お茶は温度と密接に関わっています 毎度のことなんですが、 『お茶には温度が大切です』 と、記載させていただいてもらてます。 数回にわたって。 ただ、 『紅茶は100度だよね~』、 『緑茶ってわかんない …

アーカイブ