京紅活動

2017年の振り返り~京都紅茶道部と個人的な事と~

投稿日:2017年12月31日

今年はよく動いた年でした

小題目どおりですが、外によく動いた年でした。
基本的に、関西近辺、特に京都から電車で日帰りできる範囲しか行動しませんが、ちょこちょこと府外に移動。
長い間ツイッターで交流があったけれど、初めて会うという人も多くいらっしゃいました。
結果的に、今回の行動はいい結果になったかなと思ってます。
2つの天の川

今年あった事

思い出せる範囲ですが、時系列で記載していきます。

引っ越ししました(4月)

引っ越し
10年以上住んでいたマンションを売って、マンションを買いました。
一部屋多くなりまして、お茶やらパソコンやら本やら自分の物を押し込み、生活空間から自分の物を無くすことに成功しました。
ある意味作業部屋を作りました。
(その作業部屋はもので溢れかえり狭くなってますが)

Jasteaくんと三重県に行ってきました。(4月)

モーレツ紅茶
亀山のオレンジペコー(川戸紅茶・モーレツ紅茶)に行き、Jastea君の知ってる茶農家さんの所を周り、オープンしたばかりの道の駅南山城村に行きました。
道の駅南山城村

あるきちさんの中国茶のセミナーに参加(5月)

標準を飲む
中国茶の『標準』に関するセミナーを京都で開催されていました。
そこに参加してきました。
続きをお待ちしてます。

吉田山大茶会に行きました(6月)

軽トラ茶席
毎年恒例です。
というか、ここに毎年来ている人もいるので、都合行かないといけないという使命感も。
ここでは多くの国産紅茶を定期購入できる場でもあるので、毎年の事と言えど非常に重要です。
※写真は出店されていた軽トラ茶席のものです。

お茶関係以外でお茶会をしました(7月)

久しぶりのお茶会開催
お茶のアカウント以外でお茶会をしました。
主催でお茶会は久しぶりです。
パソコン関係でお茶に興味のある方と共同で開催をしました。
お茶会については、また来年も行いたいと思います。
氷室というお菓子

茶梅の準備(7月)

国産茶梅
去年2016年は梅が手に入らず作れませんでした。
今年は梅が手に入る事を確認し、城陽市へ。
現在、仕込中です。
来年の吉田山大茶会辺りに引き上げ予定です。

カメラを買いました(8月)

久しぶりのカメラ
高校時代からカメラをやってました。
ですが、デジカメの性能に納得いくまで買わないと決めていたので待ってました。
その結果、買ったのがα99Ⅱというフラグシップモデルです。
Aマウントという種類では最後のカメラだと思います。
そういう記念の意味も込めて、非常に高かったですが買いました。
現在、試飲レビューの写真は全てこれで撮ってます。
それまではスマホで撮ってました。

尾張旭に国産紅茶コンテストの一般審査員で行きました。(10月)

尾張旭国産紅茶コンテスト
本当はこっそりいくつもりでしたが、やはり黙っていられない性格なので、途中で話してました。
現地ではよく知っている方々とお会い出来ました。
この時初めて、尾張旭の紅茶専門店リンアンのオーナーさんに挨拶する機会に恵まれました。
非常に良かったです。

シングルオリジンティーフェスティバルとエコ茶会に行きました。(10月)

シングルオリジン
シングルオリジンは、Jastea君の出店手伝いで行きました。
行きに車に便乗をさせていただきました。
あと、東京近辺に住んでいらっしゃる方と初めて会うこともできました。

エコ茶会は、国産紅茶のセミナーに関する話をしてきました。
国産紅茶に関わる話と、味の3分類の経年別飲み比べ。
セミナーの後は終始100円茶席に居座りまして、関東の方々とお話する機会をいただきました。

来年も行けれればなぁって思ってます。
(まだわかりません)
エコ茶会100円茶席

会社が消えました(11月)

落胆
諸事情で勤めていた会社がなくなりました。
ので、この記事を書いている現在は分類上『無職』です。
京都紅茶道部は継続的活動なので、消えることはないですよ。
現在、再就職活動中です。
もう少し、会社員をしたいと思ってますので。

茶源郷まつり出店(11月)

茶源郷まつり
地紅茶サミット水俣と同日開催でした。
僕は京都府和束町で開催された茶源郷まつりに2013年以来久しぶりに出店しました。
現地で久しぶりにお会いする人も多く、楽しい一日でした。

神戸ティーフェスティバルに参加(12月)

神戸ティーフェスティンバル
神戸で行われた紅茶のイベントに参加してきました。
海外の紅茶がメインであるのですが、数多くの国産紅茶も出店されてました。
著名なティーブレンダーである熊崎俊太郎さんに久しぶりにお会い出来ました。
ツイッターでは消息を確認しているのですが、お会いするのは伏見でイベントをされて以来。

来年に向けて

未来を見つめるメジェド
現在、資金面も含めて再就職活動をしている最中です。
その中で金銭的問題が解決したら、再び京都紅茶道部の活動を本格化させます。
ただ、イベント参加や協力、取材などはできる範囲で継続していきます。
東京もゼロ回というわけではなく、エコ茶会など1回は行こうと思います。
少しづつ活動の範囲を広げていくことで、ネット(情報)とリアル(交流)の差をなくしていき、引き続き充分な国産紅茶の情報を伝えられればと思います。

来年も1月から大大阪お茶会の開催があります。
年明け早々から、活動を行って行きますので、引き続きよろしくお願いいたします。

蓋碗緑茶

-京紅活動

執筆者:

関連記事

薄茶糖を1杯いかがですか?

薄茶糖?グリーンティ?夏に似合う緑色の甘い飲み物

うす茶糖(薄茶糖)を取り寄せてみた 随分前に「うす茶糖」なるものの記事を書いてみたことがあります。 ※過去記事:いつぞや、ケンミンショーでしてた”薄茶糖”ってどう考えても、グリーンティーですよね? う …

no image

国産紅茶に熟成と言う考え方

「紅茶は新しい方がいい」元々そう考えていた 紅茶は農作物なので「新鮮な方がいい」という風に元々考えてました。 やはり、作り立ての方がおいしいと思うし、さらに今のシーズンの「一番茶」というのは、なかなか …

濃いセパテートミルクティー1

セパレートミルクティー :国産紅茶で濃いアイスミルクティーはいかが?

ティーインストラクターによる『超本格的な』ミルクティー講座 先日の休日、知り合いのティーインストラクター(かなり長くしてる超ベテラン)の方の紅茶教室に行ってきました。 もちろん、普通の紅茶教室ではあり …

no image

『検”茶”くエンジン』『ポータル”茶”イト』

ずっと長い間、いろんな人と話をしていました。 例えば、『お茶という膨大は情報のお陰で、特化分野の専門家ばかりが生まれる』例えば、『ポータルサイトをつくろうとチャレンジするも、膨大な情報を扱い切れない』 …

もし私が「ミス国産紅茶」「ミス和紅茶」をするならば

将来的に「ミス国産紅茶」「ミス和紅茶」をしたい 「ミス~」と言うものがいろんなジャンルで存在します。 例えば、ミス・ユニバース、ミス日本、某ツイッターではIT企業MS社の美人社員がミス日本酒秋田代表に …

アーカイブ